<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

保育体験

先日、保育士養成校の学生さんが『武道教室』の保育体験をしに来てくれた。

開始前の雑巾がけ、正座をして瞑想、礼に始まり心得斉唱、柔軟体操、基礎体力、基本剛法等々… 子ども達に混ざって、当園ならではの特別教室を堪能してもらえたようである。

平成生まれの平成育ちの学生さん、子ども達からすれば立派な先生である。そんな中、汗をにじませながら子ども達のお手本となるような華麗な動きを見せてくれていた。

来春には保育士として社会に羽ばたく2人に、子ども達の成長には何が大切なのか少しでも感じてもらえれば光栄である。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
七夕飾り・プール開き R1.7

今年の七夕は梅雨の合間ではあるがよく晴れてくれたので、織姫・彦星もさぞ喜んだことであろう。

当園では子ども達の短冊がつるされた七夕飾りに火をつけ、願いごとが叶うようお祈りを捧げた。

この日はプール開きも行われ、ケガや事故なく楽しく遊べるよう皆で手を合わせてお祈りをした。

子どもの頃から手を合わせることは、とても大切なことだと思う。祈りを捧げるとき、感謝を表すとき、亡き者を思うとき…仏教保育では日常の生活の中でこのような大切なことを伝えることが出来る。こうした‟仏種”を育てていくことが、これからのAI時代には特に必要になってくるであろう。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
箸使い

日本人が食事をする時に必ず使うもの、それは‟箸”である。

4歳児クラスの子ども達が、給食の先生から箸の使い方について実技指導を受けた。上手に使える子もいれば、たどたどしい子も…ただ、この年齢からしっかり箸の持ち方や使い方を学ぶことはとても大切なことである。

指先を使うことは脳の発達にも好影響を与えると聞いたことがある。  ひと昔前の小豆を箸でつまんで練習する子ども達の姿…今の時代にも必要なことだと感じる。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝、開館30周年

当山筆頭総代が代表理事を務める公益財団法人『福山自動車時計博物館(FACM)』、明日開館30周年を迎える。

開館30周年を祝し、7月7日(日)に記念式典が開催される。私財を投じて移築保存された明治時代の商家や井戸屋等、是非ご覧頂きたい。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
児童心得

西予市の開明学校に掲げられたいた大正11年度の『児童心得』

時代は替われど、子ども達にとって大切な事は今も変わっていないようである。

| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>