<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

「まだ間に合う!心ひとつで人生は変わる」於、大谷台公民館

今月19日、大谷台公民館にて学区の老人会を対象とした講演を行ってきた。老人会といっても見るからにお元気そうな方ばかりで、ことに女性の参加者が多いのには驚いた。講演では、『四苦八苦』の生・老・病・死の‟四苦”を軸に、老いや病気になった時の意思表示の大切さや、誰しも必ず迎える‟死”についての宗教的・医療的視点でのお話をさせて頂いた。

誰しも老いや病、死に対しては少なからず不安や恐怖を抱いているはずである。ただこれだけは避けては通れぬ道なので実際を受け止め、それぞれに対する心持ちや考えを出来るだけ早くに確立していくことが大切になってくる。勿論そこには仏教のエッセンスが含まれても良いと思う。

また僧侶は『生老病死』の実際に立ち会う場面が非常に多いので、人生についても様々な視点で考えを述べることができるのではないかと思う。‟お寺離れ・宗教離れ”が取り沙汰される昨今、こうして講話をすることの大切さと有難さを身をもって感じることができた。

19日は七面大明神様のご縁日、女性で初めて七面山に登詣された養珠院お萬の方、お萬の方が師事されていた心性院日遠上人の大曼荼羅御本尊をお掛けしての講演。参加して下さった皆さんの仏種が芽を伸ばし、花開き、この世に与えられた人生がますます充実しますようお祈り申し上げます。楽しいひと時をありがとうございました。南無妙法蓮華経

追伸、この度ご縁を頂きました大谷台公民館の皆様、当日はお世話になりまして、ありがとうございました。合掌

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
草取り奉仕

この時季、黙っていても生えてくるのが雑草である。境内地が広いので、取っても取っても次から次から生えてくる。まさに‟いたちごっこ”である。この度、「草取り奉仕」を檀信徒の皆さんにご案内したところ、10人の勇者がお手伝いに参上してくださった。

早朝は涼しく曇り空だったので「今日は草取りが楽そうだ」と思っていたところ、開始時間が近づくと頼んでないのにお天道様がギラギラと応援をし始めてくれた。本日の予定は、石畳スロープと参道周りの30分二本勝負である。皆さんそれぞれが手ぐわを片手に、1本目の勝負に取りかかってくださった。

1本目が終わり、インターバルで水分補給をしていると、今度は職員と年長組の子ども達が草取りに参戦してくれた。園長と副園長、檀家の方々が頑張っているのを見て自主的に応援に来てくれたのである。子ども達、職員さん、ありがとう!

その後2本目の勝負でも、石畳スロープと参道周りを見違えるほど綺麗に除草することができた。

こうして集まってくださった10人の勇者のお蔭で、境内の除草作業をスムーズに進めることができました。こうした奉仕活動こそが布施行であり、その善行は巡り巡って自身に還ってくることでしょう。

ご協力くださった皆さん、暑い中ありがとうございました。合掌

 

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
祥月命日

母を送ってまる1年が経過した。午前中には兄の寺にて一周忌の法要が営まれた。

正直、この一年あっという間だった。本堂に置いてある遺影に毎朝「おはよう」と声をかけ、朝勤では御回向を捧げてきた。写真の笑顔は色あせることなく、またその笑顔からは生きていた時の様々な想い出がよみがえってくるし、毎日会うことができなかった母に今では毎日顔を会わせているような気にさえなる。

法要後、母手植えの紫陽花が、笑いながら「ありがとう」と言っている母の姿に見えた。

| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
タマゴ発見

昨日、妻が「鯉が卵産んでるよ!」と教えてくれた。毎年この時季になると、池の鯉たちが産卵行動を起こすのである。

産み付けられた卵はあちこちに沢山見ることが出来るが、卵の周りに囲いをしていないと他の鯉が食べてしまうのである。

毎回妻が囲いをしたり安全な場所に移したりと卵を守っているが、今回はどうなるか… その様子はまた後日紹介させて頂こうと思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤゴの羽化

今年も当山のビオトープでは、ヤゴの羽化が活発に行われ始めた。

その様子を一番に発見した妻(副園長)が、当園の子ども達に羽化を観察させていた。図鑑で見たことのあるヤゴやトンボ、写真と実物とでは感動や驚きは雲泥の差である。

小さな昆虫の命からも多くを学ぶことが出来る。子ども達にはこうした自然の営みから、生命の感動や不思議を肌で感じてもらいたいものである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>