<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

平成29年度 盂蘭盆会 

今年のお盆棚経も、檀信徒皆様方のお心遣いを賜りながら、気持ちよく御回向をさせて頂くことができました。

また、本日の盂蘭盆会では沢山のお参りを頂き、ご先祖様を始め各諸精霊に対し、懇ろにご供養を捧げることができました。

手を合わせられる皆様の尊い姿とお気持ちに、感謝御礼申し上げます。  住職 合掌

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
第63回 日蓮宗保育研修 高知大会

過日、当園職員を引率し『第63回 日蓮宗保育研修 高知大会』に参加してきた。毎年、全国各地で開催される宗門の保育研修大会で、この度は近県の高知ということもあり、総勢8名で仏教保育を研鑚する機会を持った。

運転手は園長、ガイドは副園長とおしどり夫婦でつとめました。車内はワイワイと賑やかな雰囲気でした。

瀬戸大橋のSAでひと休み。

予定通り高知市内に到着し、研修前に先ずは腹ごしらえをしました。

その後、会場のホテルへ無事到着。150余名参加のもと開会式が行われました。続いて高知大学 玉瀬友美 教授の記念講演が行われました。

夕刻には懇親会が開催され、全国各地から参加された保幼施設の職員さんとの交流も楽しめました。

翌朝の晨朝法話は、高知県布教師会長 渡邊泰雅 上人の『いのちに合掌』というお話でした。

続いての記念講演では、全盲のシンガーソングライター 堀内佳 先生の『今、しあわせに生きる為に』という、自身の人生の体験談を中心に感動と涙の溢れるお話でした。

1泊2日の全日程を終え、高知大会も無事終了となりました。

その後は、「せっかく研修会に来たのだから、さらに保育現場の役にたつための見学がしたい」という向上心のもと、やなせたかし記念館へ。

子ども達や保育者が大好きなアンパンマン、その魅力をしっかり堪能することができました。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
72年目の夏

青い空、眩しい陽射し、セミの声…

一発の原子爆弾により全てが一瞬にして奪われてしまった日。

犠牲者の御霊に心から御回向申し上げます。南無妙法蓮華経

 

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご先祖様へ

8月のお盆を前に、当園ではご先祖様に感謝を捧げる『精霊まつり』が開催された。

本堂では可愛らしい浴衣や甚平姿の子ども達が献香、献花、献灯を行い、保護者の方と一緒に「法華経」や「盂蘭盆御書」を拝読させて頂いた。

グランドでは盆踊りを踊って、子ども達の元気な姿をご先祖様に見て頂いた。精霊まつり(夏まつり)は子孫にあたる我々が、ご先祖様に対し感謝の念を捧げ、自分達の今ある姿を見て頂くための祭りともいえよう。

賑やかに、楽しく、笑顔溢れる我々の姿を見て、ご先祖様も嬉しくなって天上で踊っているかもしれない。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
苔玉

年長児クラスで開催される『お花教室』、この度は趣向が変わって‟苔玉”であった。

苔玉作りは、土で団子を作り、指で穴をあけて植物を植えこみ、まわりに苔を貼って、糸で固定するといういたってシンプルな作業である。砂団子作りが得意な子ども達からすると、とても楽しい作業だったと思う。

涼し気なお皿の上に何とも言えない愛嬌のある姿をした苔玉、夏っぽい植物に可愛らしい動物の飾り物を添えて。

可愛がらずにいられない作品を手掛ける副園長、恐るべし…

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>