<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

母を送る

6月14日午前2時、母が静かに息を引き取った。73年の人生であった。

平成25年8月に脳出血で倒れ、後遺障害を残すも兄夫婦の介護を受けながら自宅で療養を続けた。平成28年10月、2度目の脳出血にて再度入院し、この時大腿骨頸部骨折もあり股関節の手術を受けるも自力での歩行は困難となった。その後は病院にてリハビリ等を受けるが予後も思わしくなく、最終的に介護施設へ入所することになった。

最初に倒れてから看取るまでの間にたくさんの思い出ができた。体の自由がまだ利くときには行きたいという所へ連れて行けたし、沢山の話を聞くことができた。高次脳機能障害もあり次第に障害を感じさせる言動が増えてきたが、会えば笑顔で話をしてくれたし、自分の良いところを見せようとしてくれた。2度目に倒れてからは次第に身体機能も低下していったが、私や妻が訪れた時はちゃんと誰だか分かってくれていた。介護や看護とは決してきれいな話ばかりではないが、母が死に向かう姿からは多くのことを学び感じることが出来た。おそらく母もその姿をまざまざと見せてくれたのだと思う。

亡くなる2時間前、檀家から頂いた梅の実がとてもいい香りだったので、母の顔のそばにそっと置いて色々とおしゃべりをした。その後母は旅立ったが、その顔はとても安らかな表情であった。

73年間お疲れさまでした。そして産んでくれてありがとう…

| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
保育ボランティア

保育士養成校の学生さんが実際の保育現場で見識を深めるために、保育施設にボランティアとして体験に訪れることは多々ある。当園にも過日、2名の学生ボランティアが『武道教室』を体験しに来園してくれた。

『武道教室』開始前には、子ども達はいつも遊戯室や廊下の雑巾がけしている。そんな子ども達に混ざって学生さんも雑巾がけにチャレンジ。普段使わない筋肉を使うことに意味があるのです。

続いて正座、瞑想、礼、ストレッチ、基礎体力と、子ども達と同じようにメニューをこなしていきます。『武道教室』を体験した人は、普段どれだけ運動をしていないかが自覚できるようです。この日は基本剛法の一部まで体験してもらいました。

終わった後に感想を聞くと、「子ども達が長い間正座をして、静かに話を聞けることに驚きました。」「子どもが注意をされる時に、なぜ注意をされたのか理解していることがすごいと感じました。」等々… 実際に体験したからこそ、純粋に感じることがあったのであろう。

こうして将来保育士を目指す学生さんには、現場でしか体験できないことを大いに学んでほしいと思う。そうして保育士という素晴らしい職種で、子ども達が喜ぶような大きな花を咲かせてほしい。

 

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅の実

本堂前の梅の老木、今年は当たり年か沢山の実をつけてくれた。大人が実を取るとあっという間だが、それでは味気がない… ということで、年長児の子ども達に梅の実狩りを体験させることに。

脚立に登り担任が支えながら、一人2粒ずつ実を取ってみた。梅の実を見たことがない子、どんな食べ物になるか知らない子… 年齢的には梅とは縁が薄いかもしれないが、こうして実際に実を取ることで、果実をつける木が身近にあることを学ぶことができる。

さてさて収穫した梅はどうなったかというと、氷砂糖につけられて美味しい梅シロップになるのを待つのである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
ムギワラトンボ

過日、ギンヤンマの羽化の話を書かせて頂いたが、今度はムギワラトンボが羽化をし始めた。

ギンヤンマの時は大きな抜け殻しか確認できなかったが、今度は羽化したてのムギワラトンボの様子を間近に見ることが出来た。同じ日に数匹が羽化しており、これから飛び立つであろう姿に感動を覚えた。

当山でお経を聞いて育ったトンボたち、時間に限りはあるが大空を気持ちよく飛び回ってほしい。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
身体健全

過日、当山の守護神である七面大明神様の大祭を奉行した。お参りの方と共に読経し、1年の健康や安泰をお祈りした。

この世に生を受けた者が逃れることの出来ない苦しみを『四苦』という。いわゆる『生・老・病・死』四つの苦しみである。その一つ‟病”をとってみても、好き好んで病気になりたい人など一人もいないはずである。大切なのは、健康であることがどれだけ有り難いことか気づき、また感謝することではなかろうか。

大祭では、僧侶が読誦する法華経の功徳をその身に浴びながら自身も読誦唱題し、健康を願いながら神仏に法味を捧げることで霊験が現れてくると感じる。当山の七面大明神様も、手を合わせ感謝を捧げる者をきっと見守ってくださることであろう。

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>