<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

プチ団参旅行

先月、檀家の皆さんと、三原・竹原を‟プチ団参旅行”で巡ってきた。日頃お世話になっている檀家の皆さんと楽しい時間を過ごしたいと色々考え、先ずは近場からと今回の企画に至った。

三原・妙正寺では、本堂にて一読後、堂内や寺宝を拝観させて頂いた。

その後、境内を散策させて頂き、建造物についての説明も聞かせて頂いた。

鐘楼堂の梵鐘は1576年鋳造ととても古く、市の指定文化財でもある。

今回参拝させて頂いた妙正寺は、三原浅野家の菩提寺で歴代の城主もお祀りされ、多くの文化財も有する立派な寺院である。ことに實相寺檀家のご先祖が妙正寺第20世ということもあり、皆で一緒に墓参出来たことはとても意義深く感じた。温かくお迎え頂いた柴田住職には、厚く御礼申し上げたい。

その後は一路竹原市に移動し、ホテルにて昼食。元気をつけてから、街並み散策となった。

竹原の町並み保存地区は、風情漂う実に素敵な場所である。

旧家の中を拝見したり、

竹鶴酒造のマッサン・リタの記念像(實相寺宗祖銅像を手掛けた竹中銅器鋳造)の前でポーズを決めたり、

‟竹原の清水の舞台”を見学したり、楽しく心地よい時間を過ごすことが出来た。

こうして檀家の皆さんと団参をすることで学びながら楽しい想い出をつくることは、人生の上でも大切なことだと感じる。今を支えて下さっている皆さんとも、さらに心に残る時間を増やしていきたい。

 

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
お会式桜

先日、月遅れの『お会式法要』を奉行した。

堂内には‟お会式桜”を飾り、お参りの善男善女と共に宗祖第735回忌の御報恩回向を捧げた。

法要後には参拝者にお手伝い頂き、お会式桜の桜を作成した。かれこれ10数年使用していたお会式桜も幾分年季が入ってきたので、住職に就任して初のお会式となる今回、皆で作ったもので新調したいと考えていたのである。

沢山の方がお手伝いしてくださり、忘れられない桜作りとなった。これから先、『お会式法要』を行う度に今回のことを思い出すであろう。

皆さん、ありがとうございました。

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
パワースポット巡り

過日、福山町ツアーの御一行様が当寺に来られた。「あなたを護る パワースポット幸せ巡りツアー」という企画で、福山城の東北エリアの神社仏閣を巡る企画のようであった。

当寺では石垣、山門、本堂、庫裡、井戸等を説明しながらご案内し、保育園の遊戯室(誠之館高校旧校舎)も見学してもらった。参加された皆さんは、どなたも真剣に説明を聞きながら食い入るように見学しておられた。

神社仏閣には昔からの建造物や仏像・什物等が数多く残っている。こうしたものを実際に拝見しながら、古に思いを馳せることは素晴らしいことだと思う。また、寺院では沢山のお経や祈りが捧げられており、神聖な領域であることを肌で感じて頂ければ、パワースポットたる意味合いが深くなると思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
誰のタマゴ?

過日、妻が「いい写真が撮れたよ!」とカメラを持ってきた。画像を見ると、境内の松の木に鳥が巣を作り、その中に卵が入っていた。

何鳥かわからないが、可愛らしい卵を産み落としていたのだ。この先をそっと見守りたいと思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
卒業論文

過日、福山市立大学4年生のT君が、卒業論文の聞き取り調査に来寺した。「広域災害時における避難施設としての寺院の活用可能性」を論文テーマとして研究を行っているようで、問い合わせの時に趣旨を聞いて調査協力を快諾したのである。

当日のヒアリングではT君の質問に答えるのみならず、色々な雑談もさせて頂いた。若者と話をして感心させられるのは、話を真剣に聴く姿勢である。会話の中には、自分の知らない情報がたくさん詰まっていることがあるし、ちょっとした情報から新たな発見や出会いが生まれることもある。特に学生さんには、こうした人と接する機会を多く持ってほしいと感じる。

数日後に礼状が届き、文中には「…卒業論文に最大限活用させて頂くことは勿論、それ以外のところで多く学ぶことがあり、またお寺の魅力を大いに感じることが出来ました。」と認められていた。こうして若者と新しいご縁が出来たこと、色んなことを感じとってくれた事を本当に嬉しく思う。あとは、完成した『卒業論文』を楽しみに待ちたいと思う。頑張れT君!

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>