<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

お月見会 R2

台風10号が過ぎた頃から、朝晩めっきり涼しくなってきた。     「暑さ寒さも彼岸まで…」とは、よく言ったものである。

保育園では「お月見会」を開催し、一足早く秋を感じることができた。 月見団子や秋の収穫物のお供えを前に、ぽんぽこタヌキと楽しいひと時を過ごせた。

コロナ禍で何かと園行事にも支障がでているが、子ども達には出来るだけのことを体験をさせてあげたいと思っている。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
運動会に向けて R2.9

コロナ禍、猛暑、豪雨、残暑、台風と、例年とは違った夏から秋への移ろいとなった。職員たちも、いつもに増して気を遣う時季であったと思う。

さて10月は運動会、例年だと青空のもと盛大に行われているが、今年は規模を縮小し園内行事として行うことになった。

…とは言っても、子ども達には大切な機会である。

汗や涙、何度も続く練習が心と体を大きく成長させてくれる。そんな子ども達の為に職員さんも準備に指導に一生懸命である。

「暑さ寒さも彼岸まで…」運動場で精一杯練習できる日が待ち遠しい。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
食事のマナー

年長・年中児クラスでは月に一度、「クッキング教室」を開催している。新型コロナがなければ料理作りも出来るのだが、今年に入ってからは座学を中心に行っている。

基本的に食事は楽しみながらするものだが、集団生活の中ではいくつかルールを身につけなくてはならない。座り方、食器具の持ち方、食べる時の会話のしかた、片付け等々。 

子ども達の吸収は早い。各家庭での食事時、我が子に注意されないように気をつけなければ…

 

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
手紙から伝わるもの

当園の年長・年中児がお手紙ごっこをした。自分で書いた絵はがきを先生に渡し、返事をもらうというものである。

園長先生にも1枚の絵はがきが届いた。そこには子どもらしい可愛い絵が描かれていた。

心を込めて書いた絵や文字からは、とても多くのものが伝わってくる。スマホ時代の子ども達には、‟打つ文字”より‟書く文字”の方が相手の心に伝わることを知っておいてほしい。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
何事も経験!

当園で本堂行事が行われる前には、子ども達に畳拭きをしてもらっている。これから使わせて頂く本堂に対しての心がけのひとつでもある。

「家に畳の部屋がある人〜?」の問いかけに、数名の子しか手をあげなかった。生活スタイルも大きく変わってきているようだ。

「雑巾は半分に折って、畳の目に沿って、1回〜、2回〜!」 拭き方、力の入れ具合、汚れた時の雑巾の使い方、畳の感触や匂い…自分で体験したことは心に残るものである。

これからの時代、こうした経験こそが子ども達の学びには必要だと感じる。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
獲物は足元に…

子ども達が大好きなスイカ、実際に自分たちで割るとなると…

目隠しをした子ども達は、様々な動きを見せてくれた。ちょっとずつ動く子、大胆に動く子、右左が分からなくなる子、近くまで行くが当たらない子… どの子も微笑ましい動きであった。

結果は、O先生がカポーン!と当てて割れ目を入れることができました。(^^)v

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
ご先祖様に

お盆を前に、子ども達がご先祖様に感謝を捧げ、元気に成長している姿を見ていただく『精霊まつり』。例年、保護者も参加し盛大に行っているが、今年は新型コロナウイルスの影響も考慮し、園児と職員のみでの開催となった。

本堂での法要では年長児が献香・献花・献灯を行い、皆で手を合わせご先祖様に一心にお祈りを捧げた。盆踊りでは、ニコニコ笑顔で元気に踊る姿もご先祖様に見て頂けたはずである。

遊戯室では祭り気分でゲーム屋さんを行い、年上児が年下児のお世話をしながら楽しむ姿が見られた。特別企画として行われた『肝試し』、子ども達の勇気が試されたが、涙を流しながらも全員‟おやつ券”をゲットすることができたようである。

新型コロナウイルスの影響で園での行事も中止や規模縮小が続いているが、想い出作りとして最低限の事はさせてあげたいと職員一同が願っている。終息への道のりは程遠いだろうが、更にアイデアを重ね子ども達の笑顔を増やせたらと思う。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
今年の七夕は…

年に一度の天の川での出合い… 今年は大雨で見ることができなかった。

園児たちは「七夕まつり」で、歌ったり、パネルシアターを見たりと楽めていたようである。

翌日は梅雨の晴れ間、七夕飾りを燃やすには絶好の天気となった。

親子で書いた願いごとは、炎や煙となって天に昇っていった。毎回のことではあるが、小さな手を合わせる子ども達の姿に‟仏”を感じる。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
そろそろ…

当園の夏野菜たちがしっかり色づいている。

ことにトマトは赤と緑の比較ができたので、子ども達にはよい学びとなったようである。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
チームワーク

先日、当園の人工芝大掃除が実行された。園門を入ると広範囲に敷かれている人工芝、主任の陣頭指揮のもと職員が一丸となって掃除をしてくれた。

先ずは周りに養生を施し不要なものを移動し、人工芝を裏返して地面と裏面の埃を取り除く。

続いて高圧洗浄機で水を噴射し、小さな汚れまで吹き飛ばしてくれた。

職員さんの手際の良さには頭が下がる。平素からのチームワークが、そこには活きているとつくづく感じる。こうして綺麗になった人工芝、普段は見えない職員の労力がこんな所にも注がれているのである。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
<new | top | old>