<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

第15回『浄心水行』 其の三

全ての水行が無事に終わり、住職から所感が述べられた。

この度、親子で5回目の参加となった木村ファミリー。芯のある娘さん達は、父親の背中をしっかり見ているんだなと感じました。

同じく5回目の参加となった山本さん。「今年結婚します!」との嬉しい報告を頂きました。お幸せに!

10回目の参加となった15才の野襍。5才から続けている強い精神力を感じます。

同じく10回目の参加となった17才の沖田君。立派な青年になってくれて嬉しく思います。

初めての参加となった山本さん(12)と越智さん(12)。一般での参加となる松本さん(38)と檀家の永さん(60)。それぞれが「参加して良かったです。また次回も参加します!」と感想を述べてくれた。

ドラゴンジムを代表して後川師範から一言頂きました。

最後に15回全て参加している山本さんから、締めのお言葉を頂きました。初参加の娘さんも父の背中をしっかり見ていたようです。

一本締めにて令和元年の『浄心水行』を無事に締めくくることが出来ました。その後、除夜の鐘をついて各々が新年をお祝いしました。

こうした行事はお手伝い無くして進めることは出来ません。水行後の着替えの手伝いや床拭き、飲み物の接待、参加者の紹介アナウンスや記録写真… お手伝い頂いた皆様には、心から感謝御礼申し上げます。

ことに毎回、記録写真を提供してくださる塚村さん、素敵な写真をありがとうございました。

また、写真撮影に来て頂いた鳥越先生を始め愛好家の皆様、寒い中ご苦労様でした。

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | - |
第15回『浄心水行』 其の二

第三座目は女性の部、小学生から一般までの女性たちが頑張りました。

乙女たちは温泉でも入りに行くような雰囲気に見えます。

初参加の2名も開始前には少し緊張した様子でした。

お題目・合掌にて行進します。白い行衣が映えます。

これからの女性の活躍を期待させる素晴らしい水行でした。

第三座「女性の部」 ※参加回数( )内は年齢

13回目・塚村翠怜(18)

9回目・三田朱璃(14)

5回目・木村日葵(9)、木村双葉(11)

2回目・水野恵美子(72)

初回・山本莉子(12)、越智咲弥(12)

 

続いて第四座目は一般の部、回数を重ねたベテラン達です。

この度が初回となる檀家は、他の修行場でも水行の経験があるとのことでした。

それぞれが、それぞれの思いを胸に水行場へ行進します。

気合と共に寒水を浴びせ、この一年の穢れを落としていきます。

水盤の水が無くなるまで、皆で20杯以上の寒水を頂きました。

第四座「一般の部」 ※参加回数( )内は年齢

15回目・山本真史(48)

12回目・後川幸太郎(52)

11回目・野霏郢法48)

9回目・神崎聖(54)

5回目・木村龍胆(41)

初回・永浩一(60)

 

其の三へ続く…

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | - |
第15回『浄心水行』 其の一

平成から令和になって初めての大晦日、第15回目となる『浄心水行』が開催された。

先ずは本堂にて安全祈願、読経を捧げ水行の無事を祈願させて頂く。21:30には参加者集合、誓約書に署名の上、間もなく行われる水行の説明を聞く。22:30いよいよ第一座目の水行の始まりである。

第一座は青少年の部、どの子も2回目以上の経験者です。

気温はぐんと下がり2.5℃、風が吹けば震えそうな温度でした。

いよいよ一杯目の寒水、皆で息を合わせその身に浴びせます。

気合を入れないと、水の冷たさに負けてしまいます。

感謝の気持ちを込めて一礼をします。1年間の穢が落とせて清々しい表情でした。

第一座「青少年の部」 ※参加回数 ( )内は年齢

10回目・野靂井董15)、沖田汰久弥(17)

8回目・平田蒼佑(12)

7回目・藤原有真(12)

6回目・廣瀬瑛士(12)

2回目・三阪俊介(6)、倉田康輝(13)

 

オレンジ色の炎が参加者を包み込んでくれます。

続いて青年・一般の部、こちらも毎年参加しているベテラン組です。

合掌でお題目を唱えながら水行場へ、

寺庭の太鼓が響き渡ります。

回数を重ねただけあって、息の合った綺麗な水行でした。

水の勢いが感じられます。

帰りも合掌・お題目にて行進します。

二十歳前後の若者たちの参加は、今の時代に希望を与えてくれます。

第二座「青年・一般の部」 ※参加回数 ( )内は年齢

13回目・塚村颯実(20)

12回目・山本峻大(20)、渡邉貫太(22)

7回目・倉田雄一郎(46)

5回目・山本周作(24)

初回・松本吉典(38)

 

其の二へ続く…

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | - |
令和二年 初詣にて

大晦日の年越し行事『浄心水行』も無事に終わり、除夜の鐘と共に令和二年を迎えた。元旦には『初詣初祈祷』を開催し、お参りの檀信徒の皆さんと本年のご多幸をお祈りすることができた。

昭和、平成、令和…気が付けば、自らも知らず知らずに年を重ねている。そんな中、これからの時代は健康に年を取らなければならないと身をもって感じるようになってきた。しっかりと健康管理に努め、自己の目標を立て、何事も準備を怠らず、時に自身に負荷をかけ、笑顔と感謝を忘れず、そんな1年を送りたいと思う。

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | - |
令和二年(庚子)元旦

明けましておめでとうございます。

本年のご多幸をお祈り申し上げます。

 

法鏡山 實

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | - |
垢穢落とし大黒祭(令和元年)

師走に入り慌ただしく毎日が過ぎていく。気が付けば、今年も残すところあと2週間となってしまった。年末年始に向けて、粛々と準備を進めていかなければと感じる。

先日、年末恒例の『垢穢落とし大黒祭』を開催した。各家でお祀りされている大黒様をお寺にお持ち頂き、埃穢を落とし清浄な法湯で御神体を温めて頂くのである。

大黒様は金運の神様としても有名であるが、私は努力の神様だとも思っている。その御姿はまっ黒…顔や体が汚れて黒くなるまで一生懸命頑張れば、結果は自ずとついてくるということを表しているかのようである。

年に一度の沐浴で霊気を養った大黒様、信心に励む檀信徒に大いに壽福を与えてくれることであろう。

 

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
令和元年 年末大掃除

毎年恒例となっている『年末大掃除』 檀信徒の皆さんの協力を得ながら、今回も気持ちよく行うことができた。

ガラス拭きや、

仏具の埃とり、

普段手の届かないところも丁寧に掃除をして頂いた。

毎回感じることだが、多くの手があれば沢山の場所がいっぺんに綺麗になってとても有難い。こうして手伝って頂けることに本当に感謝している。

この日はくしくも『釈尊成道会』、お手伝い頂いた方々がお釈迦様からの使者のようにさえ感じられた。ありがとうございました。合掌

 

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
R1師走

あっという間に12月、令和元年も残すところひと月である。

今年最後となる『盛運会』も、篤信の皆さんと締めくくることができた。

ひと月に一回の盛運会も一年では12回。5ページずつ読んでいる一部経も1年では60ページ。50唱しているお題目は1年で600唱… 繰り返すこと、続けることで大きな力になっていることは言うまでもない。

人生の中で仏道に触れる貴重な瞬間、多くの人が体験してくれることを心から願っている。

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
写経の功徳

昨日、当山では宗祖御入滅第738遠忌『御会式法要』を厳修した。お参りの方と共に読経し、大太鼓を交代しながら叩いて唱題し、御報恩の誠を捧げることができた。

法要後には書写行の時間を設けた。日常の生活の中で写経を行うことは難しい。まして、その作法を教えてくれる場所は限られている。こうした書写行を体験するのに最もふさわしい場所は、そうお寺なのである。

ということで、参加された7名の篤信者に『THE 写経』を体験して頂いた。実際に写経した人でないと分からないとは思うが、書き終えた時のその感覚を覚えておいてもらいたいし、多くの人にも体験してほしいと感じる。

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋のお彼岸 R1.9

令和になって初めてとなる秋のお彼岸を迎えた。お彼岸は、我々が『彼岸(悟りの世界)』へ至るために仏道修行に励む期間ともいわれている。

当山での『秋季彼岸会法要』には多くの方がご参加くださり、沢山の読経と団扇太鼓を叩いての唱題で共に仏道修行に励んで頂いた。

法要後には「菩提寺での葬儀」と題して法話させて頂いた。近頃よく耳にする家族葬、小さなホール等で近親者のみで行う葬儀のことを言うが、今やその家族葬が葬儀の主流を占めてきているようである。

それでは葬儀とは本来どこで行われるべきものなのか… 私はお寺の本堂こそが最適最善だと考えている。勿論、お寺によっては受け入れが出来る出来ないがあるとは思うが、葬祭ホール等が無かった時代には自宅か菩提寺で葬儀を行うことがごく自然であったように思える。

人生の最後に家族とのお別れや旅立ちの儀式を安心して行える場所…  菩提寺で行うことの大切さや素晴らしさを、多くの方が感じとられているようであった。

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>