<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

白鷺城

5年後の2022年に築城400年を迎える福山城… 先般、広島大学の三浦正幸教授が当山に来られた時に、福山城は図面が残っているので木造での再現は可能であるという話をお聞きした。そんな話を聞けば木造の城を見たくなるのが人情、ということで世界遺産・国宝でもある姫路城を見学してきた。

城には堀がつきもの、遠くまで伸びる堀と石垣にまず圧倒された。

大手門は立派な木造建築、当山の山門が小さく感じられた。

城内に入ると遥か遠方に真っ白な天守がそびえていた。なる程、見る者を再敬礼させるような雄大な佇まいである。

天守に登るまでにかなりの距離を歩くが、高く積みあげられた石垣や幾つもの門が城の防備力の高さを示していた。

天守は昭和の大修理で多くが修復されているようだが、大きな柱や梁、板間などは、時代がかってとてもいい雰囲気を醸し出していた。

人がよく通る所は表面がツルツルになって光沢を放っていた。

年数が経てば経つほど、深い味わいを出すのが木材であろう。

江戸時代にも修理は行われていたようであるが、石垣にしても天守にしても重機の無い時代どれだけの労力がつぎ込まれたか想像するだけでも頭が下がる。おそらく最小限の労力で最大限の効果を発揮する方法がとられていたとは思うが…

福山城築城400年、どのような施策が講じられるか水野勝成公を始めとする歴代城主も固唾を呑んで見守っておられることであろう。

| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
福山城下明細地図

先月、リムふくやまにて『模型福山城と福山城歴史パネル展』が開催されていたので観覧してきた。

ことに目を引いたのが、『水野家時代福山城下明細地図』であった。

福山城を中心に城下町が形成され、鬼門にあたる方角には寺社が配置されている。図中のオレンジ色の部分が寺社であるが、中央より少し離れて右上にあるのが当山實相寺である。

城下図の中心から少し離れているので、部分抜粋された古地図には掲載されない事が多いが、今回展示されている地図にははっきりと掲載されていたので嬉しく思った。また、實相寺の横には『身延山末寺』『七面社』という文字が書かれており、総本山身延山久遠寺の直末寺院として福山藩からも認知されていたこと、当山守護神の七面大明神が信仰の対象として広く知られていたことが見て取れた。

今回の城下地図によって新たな発見をすることが出来た。資料を提供された福山葦陽同窓会には敬意を表したい。

| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
福山城石垣の刻印
当園の子ども達と福山城へ遠足に出かけたことを前回の日記に掲載させて頂いたが、城内での散策の間に石垣の刻印が自然に目についた。
この石垣の刻印、築城時に工事を普請した大名の家紋や石の産地等が刻まれているようである。


元和八年(1622)に完成した福山城、今から約400年も昔の石垣の刻印に触れながら、当時の様子を思い描くのも一興である。

そういえば、当寺の石垣にも刻印が数か所あったが…

 
| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
瀬戸内海の日蓮大聖人

瀬戸内海のとある小島に、日蓮大聖人の銅像が鎮座しているのを知っている人がどれくらいいるであろう。高松港からフェリーで20分ほどの場所にある‟女木島(めぎしま)通称「鬼ヶ島」”で、大聖人の銅像は瀬戸内海を見渡しておられる。もともと京都の寺にあった銅像らしいが、数奇な運命をたどり、この地で信奉されるに至ったようである。


日蓮山という153mの山上に鎮座している大聖人座像。台座もさることながら、銅像本体も立派なものであった。これだけの大きさのものを山上に設置するということは、素人目にも大変だったことが理解できる。


この度の目的である参拝、大聖人銅像を前に法味を言上し、鋳造から建立、移転・鎮座、その後の護持に携わってこられた物故者の方々にも追善のご回向を捧げることが出来た。

今回の銅像の件は偶然知りえた話であったが、こうして僧侶として現地に赴き、ご回向することが出来たのも何かのお導きだったのかもしれない… 
南無妙法蓮華経


 
| jissouji | 歴史文化 | comments(1) | trackbacks(0) |
尾形光琳第300回忌
「琳派」と呼ばれる画派の始祖として有名な尾形光琳。ことに、「風神雷神図」を描いた人物といえば、分かりやすいかもしれない。その尾形光琳第300回忌大法要が、光琳の眠る京都大本山妙顕寺でとり行われた。


尾形光琳の曽祖父道柏の妻は本阿弥光悦の姉であり、光悦と光琳は遠い姻戚関係にあったようだ。その血統には芸術にまつわるDNAが脈々と流れていたのかもしれない。能楽、書道、茶道の才能もさることながら多くの人脈やパトロンをもって装飾画家の先駆者となった光琳、没後300年を迎えてもその人気は薄らぐことがない。芸術の中で表現される‟美”、その美しさを表現できるのは物事の‟終”を理解していたからではなかろうか。生と死を見つめ、芸術を深め、そっと信仰に寄り添った光琳、素晴らしい300回忌の法要であった。
| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
鬼は怖し

毎年のことではあるが、節分と言えば“豆まき”
今年も怖〜い赤鬼と青鬼が当園にやって来た。


豆まきで子ども達は、鬼に捕まらないよう逃げたり隠れたり必死であった。


ひとしきり豆を撒いて、自分の心の中の悪い鬼を追い出した子ども達は、少し怖さが和らいだ様子であった。

子どもの頃はとかく鬼やお化けは怖く感じるものであるが、悪ささえしなければ鬼やお化けは襲ってこない。大人になれば笑い話となるが、子どもが悪さをしない為にも、鬼やお化けにはまだまだ頑張ってもらいたい。
| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
墨蹟

仕事柄であろうか、よく古文書を目にすることがる。
そこに認められた墨蹟を見ると、昔の人は筆遣いが上手であったといつも感じる。確かに筆と墨しかなかった時代、上達するのは必然的なことであろうが…

それでは現在ではどうであろう。
鉛筆、シャーペン、ボールペン、油性・水性ペン、万年筆等々…
書くものは沢山あっても、利用する頻度は減ってきているように感じる。

時にはパソコンや電子機器から離れて、自分の文字を書いてみるのも大切なことであろう。
日本の文化や伝統を継承するということは、そんな単純なことかもしれない。
| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
御神木
古い寺社を訪ねると、大きな“御神木”を目にすることが多々ある。県内でも地域ごとに大切にされている御神木はあると思うが、先だって神石高原町の『時安深草天神社のスギ』を見る機会があった。今まで1度も行ったことがなく、その存在すら知らなかったが、実に雄大で神々しい姿であった。


幹回り6.4m、樹齢700年とのことであるが、長い時の流れの中で多くの人と出会い、沢山の物語を見ながら、その場所にしっかりと根を張ってきたのであろう。こうした御神木(大木)には、不思議な力が宿っているように感じる。

せいぜい長くて100年しか生きられない我々は、数百年の時代を生きてきた“大先輩”から学ぶべきことが多い。
| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
端午の節句
5月5日は『端午の節句』『子どもの日』の祝日とも重なり、我が子が喜ぶことを…と思う親御さんは多いことであろう。日本の歴史文化を遡ると、武家社会においては家督を継ぐ男の子が生まれた時、一族繁栄の願いを込め、我が子の健やかな成長を皆で祈ったようである。鎧兜や5月人形、鯉のぼりを飾り、菖蒲湯につかり、ちまきや柏餅を食べる。これらには健康や立身出世、子孫繁栄の願いが込められている。


時代は変わって現代、物や情報が溢れる世の中である。子ども達に“有り難さ”が伝わるよう、大人たちは創意工夫しなくてはならない。
やはり大切なのはではなく、“道理”を教えていくことであろう。
| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
歴史探訪


先日、備陽史探訪の会の皆さんが当寺に見学に来られた。
福山藩とゆかりの深い当寺は石州街道に面し、神辺城城門、水野家下屋敷を改築した本堂、福山城東外堀石垣等が移築保存されている。当日は境内をぐるっと回り、建物の謂れを説明させて頂いた。
歴史愛好家の方が沢山いるということは、素晴らしいことだと思う。
自分たちの住んでいる街に何が残されているのか、それはどういう謂れなのか、いつ頃のものなのか… 知っていれば誰かに伝えることもできるし、地域の歴史的背景を学ぶこともできる。
石に刻まれた、木に書かれた“しるし”を辿り、自分たちのご先祖様の時代に思いを馳せることが、未来への伝承へと繋がるのである。

 
| jissouji | 歴史文化 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>