<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

母を送る

6月14日午前2時、母が静かに息を引き取った。73年の人生であった。

平成25年8月に脳出血で倒れ、後遺障害を残すも兄夫婦の介護を受けながら自宅で療養を続けた。平成28年10月、2度目の脳出血にて再度入院し、この時大腿骨頸部骨折もあり股関節の手術を受けるも自力での歩行は困難となった。その後は病院にてリハビリ等を受けるが予後も思わしくなく、最終的に介護施設へ入所することになった。

最初に倒れてから看取るまでの間にたくさんの思い出ができた。体の自由がまだ利くときには行きたいという所へ連れて行けたし、沢山の話を聞くことができた。高次脳機能障害もあり次第に障害を感じさせる言動が増えてきたが、会えば笑顔で話をしてくれたし、自分の良いところを見せようとしてくれた。2度目に倒れてからは次第に身体機能も低下していったが、私や妻が訪れた時はちゃんと誰だか分かってくれていた。介護や看護とは決してきれいな話ばかりではないが、母が死に向かう姿からは多くのことを学び感じることが出来た。おそらく母もその姿をまざまざと見せてくれたのだと思う。

亡くなる2時間前、檀家から頂いた梅の実がとてもいい香りだったので、母の顔のそばにそっと置いて色々とおしゃべりをした。その後母は旅立ったが、その顔はとても安らかな表情であった。

73年間お疲れさまでした。そして産んでくれてありがとう…

| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
お布施

毎年11月から12月にかけて、妻の父が境内の松の剪定をしてくれている。境内の松といっても、1本2本の話ではない。20本ほどの松を一人でコツコツと剪定してくれるのである。


また今年は、障子の張替もしてくれた。障子紙30mを2本分くらい使う量といえば、何となくわかって頂けると思う。こうした勤労奉仕はお寺にとってはお布施でもあり、とても意義深い善行ともいえる。

いつもご夫婦で我々寺族を支えてくれて、本当にありがとうございます。来年も善き年となりますよう、心からお祈り申し上げます。
| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
卒業式

先週、息子が通ってきた高校の卒業式に参列させて頂いた。
中高一貫校と言うこともあり、6年間も通わせて頂いたことになる。
式典で堂々と行進する息子の姿を見ながら、よくここまで育ってくれたものだと感慨一入であった。
式が終了し、クラスでの最後のホームルームに同席すると、担任から一人一人に卒業証書が手渡され生徒が一言ずつコメントを述べていった。息子の番が来て誇らしく思えたのは、みんなの面前できちんと「18年間、育ててくれてありがとう。」と妻と私に感謝の言葉を述べてくれたことである・・・

春からは大学生、親元を離れ、自分一人で生活しながら色々なことを思い、感じ、学び、体験し、大きくなって帰って来てくれることを祈っている。
「18年間、真っすぐに育ってくれてありがとう!」
| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
書道

『第40回 毎日書き初め展』にて息子が賞を頂き、表彰式に参加させて頂いた。この度は『広島県教育委員会賞』という賞であった。思えば、小学校入学以来継続して通った書道教室、先生にも恵まれ立派な書が書けるようになったと感じる。


今の時代はパソコン等での文章作成が主流となりつつある。そんな中、“自分の字”が書けるということは、自分自身を知ってもらう上でとても有用である。また、書は人柄や個性を表す、コミュニケーションツールでもある。日本の文化・伝統を継承し、その技を生かせば世界にも十分通じることであろう。

今までお世話になりました芦辺書苑の藤井壽峰先生には、心から御礼申し上げます。
| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
書道

息子が『第57回芦辺書苑 七夕展』にて、今回も賞を頂いた。
よき師の指導のもと、継続があるからこそ結果が伴ってくると感謝している。

「文字はその人柄を表す」とも言うが、書き込めば書き込むほど実に味が出てくるものである。昔ほど筆を使わなくなった現代、書に交わることで伝統文化を継承することの意義を強く感じる。
| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
母の日に思う
5月は母親の誕生日月でもあり、11日は母の日でもあった。今年70歳を迎えた母親であるが、昨年8月には体調を崩し数ヶ月の入院を余儀なくされた。今は退院してリハビリに通えるほどに回復している。今まで体調を崩すことはしばしばあったが、この度は正直死を覚悟した。現在、多少の障害は残ったものの、本当によくここまで回復してくれたと神仏のご加護にも感謝している…

子は母から産まれ出て母の乳を含み、母の無条件の愛情を受けながら成長していく。男性の場合、結婚して子供が生まれた時、妻の子育ての姿を見たり、自分が実際に子育てをしてみた時にその大変さを実感することが多いのではないだろうか…

自分が親となり、子供が成長し、親が年をとる。自然の摂理ではあるが、いずれそれぞれの別れは必ず来るのである。
「産んでくれてありがとう。育ててくれてありがとう。生きててくれてありがとう。」今は、そんな言葉が自然に口にでるようになった。

| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
あの日の思い

岩手県釜石市

今年7月、息子と二人で東北被災地の慰霊行脚を行った。仙台から海岸沿いを通って、被災した叔父家族の住む岩手県釜石市へ。2年以上が経過していたが、いまだ復興の進んでいない現状を行く先々で目の当たりにした。
8月の盂蘭盆会では檀信徒の皆さんに、スライドを交えながら自分たちが目にしたもの、感じたことをお話させて頂いた。聴いて下さった檀信徒からも、“やるせない”思いを感じることができた。

9月に入りあるDVDが発売となった。釜石を舞台に、大震災後の実話をもとに描かれた作品『遺体 明日への十日間』である。
突然おとずれた愛する者の死、亡くなられた方々を懸命に探し出す人達、きちんとお祀りする場所も物も揃っていない遺体安置所、次から次へと運び込まれるれるご遺体… 実話であるが故に、数々の衝撃が走った。映画の中に登場する住職は、日蓮宗仙寿院の芝恵應上人で7月にお会いして、色々と話をお伺いした方である。

東日本大震災の被災地では、いまだ数多くの悲しみが残されている。この映画を1人でも多くの方が見て頂き、心のどこかに“忘れないよう”残してもらいたいと願う…

『遺体 明日への十日間』 公式サイト
| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
生き物の世話
当寺の池には、何十匹という鯉が暮らしている。3年前に親鯉が卵を産み、それが孵って今では親鯉に追いつかんばかりの大きさに成長している。池の側を通ると、大小色とりどりの鯉が口をパクパクしながら餌を欲しがって集まってくる。実に可愛いものである。池には循環装置を設置しており、水の清潔を保つように管理をしている。しかし何十匹という住人がいると、定期的にこの装置を掃除しなくてはならない。
この夏も、息子がよく掃除をしてくれた。水の中には怪しげな生き物が潜み、掃除中にはモスキートが血を求めてやったくる。そんな条件では誰しも進んで掃除などしたくないものだが、お手伝いと理解してやってくれるのでとても助かっている。
生き物を世話することは決して単純容易なことではない。逆に大変であるが故に、生きていくことの大変さを学ぶこともできるのだと思う。透明な水の中で気持ちよさそうに泳ぐ鯉たち、世話した分だけ見る者に“癒し”を与えてくれているような気がする。



 
| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
積み上げてきたもの


昨日、芦辺書苑の七夕書道展の受賞式に参加してきた。この度、息子は広島県知事賞なるものを頂いたようで、今までの受賞の中では自己ベストであった。小学校から書道を始め、今までよく続けてくれたと嬉しく思う。ご指導頂いている藤井壽峰先生には、感謝の念が絶えない。
“書道”は日本文化の1つとして、海外に出た時などその身を持って説明できるであろう。また書は、その人柄を表すともいうが、息子の作品を見ながら私もまだまだ精進しなければ…と感じた。

 
| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
梨狩り


実りの秋、食欲の秋… という訳で、“梨狩り”に出かけてきた。
生まれて初めての梨狩り、どうやって皮をむくのか、どれぐらい食べれるのか気にしながら農園に到着。受付を済ませマイクロバスで移動、梨畑に着くとバケツを手渡された。どうやら、むいだ皮を入れるものらしい。背丈より低い位置にたわわに実る梨が目に飛び込んできた。いよいよ食べ放題の開始である。色の濃いめの梨を選び、渡されていた皮むぎ用ナイフで丁寧に皮をむいで頂く。その甘さは格別であった。1つ2つ3つ… 途中、休憩を入れながら5つ目でフィニッシュ。いっぺんにこんなに沢山食べたことはなかったが、自然の中でもぎたての果実を頂く満足感はこの上ないものであった。梨の木にはセミの抜け殻が沢山ついていたが、昆虫にとっても住みやすい環境が保たれているのであろう。日本の四季、秋の収穫に感謝!

 
| jissouji | 家族 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>