<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

ミツバチ

ひと昔前にくらべ、ミツバチを見る機会が減ったように思えるが、境内のツツジの蜜をこっそり頂きにやって来ていたようである。

ミツバチは受粉のお手伝いをするばかりでなく、蜂蜜やローヤルゼリー、プロポリスなどを作り出す優秀な昆虫でもある。こうした小さな生き物がもたらす恩恵を忘れてはならないし、守らなくてはならないと感じる。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
jissouji桜 平成31年

例年に比べると開花が遅かったが、今年もjissouji桜は素晴らしい咲きっぷりであった。

朝日に映える桜を眺める宗祖の銅像

淡いピンクの絨毯とはこういう感じを言うのでしょうか。

夜桜もまた一味違っていいものです。

年々大きくなっている当山の桜ですが、『平成』最後の年も多くの人の目を楽しませてくれました。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
夜寺

毎年、境内の木草が季節ごとに見る者を楽しませてくれる。

日が落ちてからは外灯に照らされ、昼間と違った表情を見せてくれる。

夜寺もなかなかムーディーである。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
新幹線ホームから

出張で東京へ向かう日の朝、新幹線ホームから福山城を眺めてみた。

青空に映えてとても美しかった。

地元の人間からすれば見慣れた風景であるが、初めて見た人はどう感じるであろう…

駅からこれだけ近いお城はどこにもないし、藩主には歴史上有名な水野勝成公、阿部正弘公もおられる。間もなく築城400年を迎えるが、これだけの素晴らしい観光資源をもっと全国的にアピールしても良いのではないかと改めて感じた。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
癒し

この時季、境内のいたる所に綺麗な花が咲いていると以前の記事で紹介させて頂いたが、裏庭にも美しい花が咲いていた。

牡丹はちょうど今開いたであろう姿で、花びらも薄いピンクが透き通るようであった。

ツツジは数種類あるが、ことに燃えるような紫がかった赤色が情熱的に見えた。

両者ともに対照的ではあるが、その場に漂う美しさと生命力がそっと心を癒してくれる。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
いぬる

早いもので1月がもう過ぎ去ろうとしている。年末から正月にかけて色んな行事も重なり、気が付けばあっという間に1月が「いぬる」わけである。

昨年末、恒例の『お餅つき』を行った。各ご家庭でも正月用に鏡餅は飾られたと思うが、子ども達が本物のお餅をつく機会があることは喜ばしいことである。法被にハチマキ、「よいしょ!よいしょ!」のかけ声と笑顔。日本の伝統文化とみんなで食べたお餅の味を忘れないでほしい。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
空と海の境目

何もない日の午後、ふらっと潮風にあたりたくなり海へ…

天気も良く、空気も澄み、四国の方までよく見えた。空と海の異なる青、その境目が好きである。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
山上からの眺め

天気のいい日、ことに空気の澄んでいる日は外に出たくなるものである。

当寺の近くにはトレッキングを楽しめる蔵王山がある。迷わず準備を進め、いざ出発! 15:30以降ということもあり辺りに人影はなく、存分に陽射しと空気と眺めを満喫することが出来た。山上から市街地を見下ろすと、何とも言えない爽快感を感じる。浜辺で海を眺めるのも似たような感覚と言えよう。こうして心を癒す場所があることは本当にありがたい。

水と空気と土壌、守っていく為にも我々一人一人の意識が大切である。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
紅葉と銅像

境内の桜の葉もすっかり落ち、紅葉が一段と赤みを増している。

もうすっかり冬である。

過日、妻が「いい写真が撮れたよ」と見せてくれた。なる程、照明で浮かび上がる紅葉と哀愁漂う銅像の後ろ姿がとても印象深い写真であった。

慌ただしさのなか季節は知らぬ間に移ろいでいくが、その中にも素晴らしい一瞬があることを忘れないようにしようと思った。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
早朝の眺め

毎朝の楽しみのひとつ、銅像の背後から街を見渡すこと。
朝日を浴びる銅像、その日の空気の澄み具合、心地よい風や香り…

平穏に朝を迎えられることに感謝である。
 
| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>