<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

見守り続ける木

当園の卒園生で現在小学3年生の三谷亮仁くん、夏休みの作文の題材として境内にある貝塚の木を取り上げてくれた。

「見守り続ける木 三谷亮仁

ぼくがかよっていた保育園は、お寺にあります。その保育園の園庭には、大きな貝づかの木があります。はっぱは、ふか緑で、晴れた日は、こかげができ、小雨なら雨宿りができます。みきは、ごつごつしていて、ところどころにこけもはえています。

この木は、何代か前の住しょくさんがうえたそうで、戦前からあり、福山空しゅうでもやけなかったそうです。ぼくは、それを知ってとてもおどろきました。ぼくのおじいちゃんやおばあちゃんが生まれるよりもずっと前からあるからです。そして、空しゅうでもやけずに今もずっと生きているということがすごいと思いました。

お寺の住しょくさんでもある園長先生は、保育園の子どもが木の周りで遊んだり、お寺におまいりに来た人がながめたり、こかげで休んだりして、みんなから大切にされていて長い年月をかけてお寺で大きく育ったので、これからもこの木を大切にしていきたいと思っているそうです。

ぼくが保育園にかよっていた時、木がぼくたちをいつもやさしく見守ってくれるような気がしました。その時は、わからなかったけれど、今回、園長先生から話を聞いて、色々なことをのりこえてきた古くて、大きな木だから、おじいちゃんおばあちゃんのようにぼくたちを見守っていてくれた気がしたのかもしれないと思いました。これからも保育園のみんなやお寺にくる人をやさしく見守り続けてほしいと思います。」

 

当園に通ってくる日は、毎日この貝塚の木の側を通っていた亮仁くん。貝塚のメッセージを受け取ってくれてありがとう。明浄保育園で成長してくれた子が、こんな素敵な作文を書いてくれて園長先生はとても嬉しいです。これからもおじいちゃんおばあちゃんを大切に、長く生き続けているものを大切にしてください。御仏様も亮仁くんのことを見守ってくれています。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅雨明け

今夏は昨年のことを思えば曇天が多く、幾分過ごしやすいと喜んでいたが梅雨が明けてしまった。

すると、天気の良い日は日中の気温が35℃近くに…

各寺院でもお盆の棚経が始まっているが、猛暑・酷暑にならないことを心から願うばかりである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝、開館30周年

当山筆頭総代が代表理事を務める公益財団法人『福山自動車時計博物館(FACM)』、明日開館30周年を迎える。

開館30周年を祝し、7月7日(日)に記念式典が開催される。私財を投じて移築保存された明治時代の商家や井戸屋等、是非ご覧頂きたい。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
別所砂留

先日、芦田町福田にある『別所砂留』を見学してきた。江戸時代に普請された砂留は全部で36基にのぼり、現在は14基を見学することが出来る。

山間部の渓流に造られた砂防施設だけあって、見て周るにはウォーキングならぬ山登りの感覚であった。また砂留の石積みは実に見事で、重機のない時代に人力で普請されたことを考えると、その労力には頭が下がる思いであった。

『別所砂留』は土木学会選奨土木遺産に認定されているが、郷土の宝としても大切に守っていかなくてはならないと感じた。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
鯉の産卵 令和元年

6月は鯉の産卵の季節である。今月上旬、令和初となる産卵の営みが当寺でも繰り広げられた。

卵は他の鯉が食べてしまうため妻が一部をガードしている。その卵から小さな稚魚が孵っていた。卵の数は数えきれないほど多いのに、そこから孵って大きく成長できるのはほんの一握りである。鯉の世界も色々と厳しいようではあるが、今回の第三世代の成長を見守りたいと思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝・開院

6月11日、多治米町に『やすはらこどもクリニック』が開院した。   個室で診療することを特徴とした小児科で、開院前に見学会のご案内を頂いたので妻と見学させて頂いた。

アットホームな外観は、受診に来られる人が入りやすい雰囲気であった。

診察室が8つの個室に分かれており、周りを気にしないですむような造りになっていた。

それぞれの診察室の内部はデザインが異なり、利用者に対する細やかな配慮が感じられた。

建設にあたっては当寺で地鎮式を奉行させて頂いたが、この度の開院を祝し、今後の医業繁栄を心からご祈念申し上げたい。南無妙法蓮華経

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
梅の実 

本堂前の梅の古木、今年も沢山の実をつけてくれた。

副園長が、子ども達に採らせてあげたいということで‟梅の実狩り”

実りを手にすると、子どもも大人もみんな笑顔になれるようである。

梅の実シロップの出来上がりが楽しみである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
残された歴史と想い出

先日、新しく入られた檀家のお宅へ伺った折、「こんな物が残っているんですよ。」と壁掛けを見せて下さった。そこには『実相寺幼稚園』の名が記されていた。数十年前に兄弟で幼稚園に通っていたらしく、今でも本堂での行事や当時の先生の印象が残っているとのことであった。

現在、実相寺幼稚園は残っていないが、明浄保育園と同様に‟み仏の子”を育てていた歴史と想い出は、通ってくれていた人々の心にしっかりと残されていることを嬉しく思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
早すぎる猛暑

5月26日、北海道では39℃を越える猛暑日となった。この日は当寺の気温計も33℃を越えていた。いきなりこんなに高温になると、生き物にはこたえるものである。

境内のツワブキ、いつも広げている葉を丸めていた。暑すぎてこうなっているのか、身を守るためにこうしているのか分からないが、猛暑が影響していることは間違いなさそうである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
ありがとう『平成』

あと数時間で『平成』が終わり『令和』が始まる。

『平成』を顧みた時、多くの想い出がそこにはある…

實相寺とご縁を頂いたのが平成4年、荒れ果てた当寺に師父と二人で住み込んで生活した記憶が懐かしい。荒行や声明、霊断の修行を重ね、妻との結婚、子宝で父となり、足掛け10年の平成大改修事業では福山城外堀移築保存、境内寺観一新で総代檀家との絆が強まり、修養、講演、ホームステイ等ではおもてなしの心を学び、保育園では園児や保護者、職員との関わり方や経営を学び、70周年記念大会も無事に終え、新住職として法燈継承・落慶式を行い、母を送り、息子の僧侶資格取得、就職と子育ても無事に終わった。

『令和』からは妻と二人で残りの人生をしっかり考えながら行動したい。自分達に出来ること、人を育てること、大切なものを守り伝えること…「光陰矢の如し」次代へしっかり伝えていけるような『令和』にしたいものである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>