<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

「まだ間に合う!心ひとつで人生は変わる」於、大谷台公民館

今月19日、大谷台公民館にて学区の老人会を対象とした講演を行ってきた。老人会といっても見るからにお元気そうな方ばかりで、ことに女性の参加者が多いのには驚いた。講演では、『四苦八苦』の生・老・病・死の‟四苦”を軸に、老いや病気になった時の意思表示の大切さや、誰しも必ず迎える‟死”についての宗教的・医療的視点でのお話をさせて頂いた。

誰しも老いや病、死に対しては少なからず不安や恐怖を抱いているはずである。ただこれだけは避けては通れぬ道なので実際を受け止め、それぞれに対する心持ちや考えを出来るだけ早くに確立していくことが大切になってくる。勿論そこには仏教のエッセンスが含まれても良いと思う。

また僧侶は『生老病死』の実際に立ち会う場面が非常に多いので、人生についても様々な視点で考えを述べることができるのではないかと思う。‟お寺離れ・宗教離れ”が取り沙汰される昨今、こうして講話をすることの大切さと有難さを身をもって感じることができた。

19日は七面大明神様のご縁日、女性で初めて七面山に登詣された養珠院お萬の方、お萬の方が師事されていた心性院日遠上人の大曼荼羅御本尊をお掛けしての講演。参加して下さった皆さんの仏種が芽を伸ばし、花開き、この世に与えられた人生がますます充実しますようお祈り申し上げます。楽しいひと時をありがとうございました。南無妙法蓮華経

追伸、この度ご縁を頂きました大谷台公民館の皆様、当日はお世話になりまして、ありがとうございました。合掌

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
タマゴ発見

昨日、妻が「鯉が卵産んでるよ!」と教えてくれた。毎年この時季になると、池の鯉たちが産卵行動を起こすのである。

産み付けられた卵はあちこちに沢山見ることが出来るが、卵の周りに囲いをしていないと他の鯉が食べてしまうのである。

毎回妻が囲いをしたり安全な場所に移したりと卵を守っているが、今回はどうなるか… その様子はまた後日紹介させて頂こうと思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヤゴの羽化

今年も当山のビオトープでは、ヤゴの羽化が活発に行われ始めた。

その様子を一番に発見した妻(副園長)が、当園の子ども達に羽化を観察させていた。図鑑で見たことのあるヤゴやトンボ、写真と実物とでは感動や驚きは雲泥の差である。

小さな昆虫の命からも多くを学ぶことが出来る。子ども達にはこうした自然の営みから、生命の感動や不思議を肌で感じてもらいたいものである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
澄んだ空気

朝勤で本堂にあがる時に外の景色を眺めながら廊下を通っているが、近年空気の澄んだ日がとても少なく感じる。

春は「春霞」といって霧や靄で視界が悪くなることもあるが、今は霞むことが非常に多く空気の汚れが影響しているとしか思えない。

中国から飛来してくる黄砂やPM2.5、中国地方から九州地方にかけてはその影響が大きいようである。世界中の空はつながっているのである…

生活の利便性を優先させようとするがゆえに、大気の汚染や環境破壊を人間は繰り返している。地球の自浄能力も限界を超えているいま、未来の子ども達の為にやらなくてはならないことは山積している。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホバーリング

とある日の静かな午後、ヘリコプターの飛行音が近づいてくるではないか。しかも当山の上空でホバーリングをして、しばらく動かなかった。

日常生活でも自宅の真上でヘリコプターがホバーリングをするシュチュエーションはまずないことである。何が起きているのか慌てて職員も外に飛び出してきたが、何かを撮影ている様子だと伝えたところ安心して部屋に戻っていった。

ホバーリングの飛行音でビックリさせてもらった分、航空写真の一枚でも持って来てビックリさせて頂きたいものである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝い花

先日、当園の保護者会長を数年前につとめてくださったKさんからお祝いのお花を頂いた。今年創立70周年を迎えるという話をしたところ、わざわざお持ちくださったのである。

Kさんは当園の保護者会長のときに、保護者会連合会の事務局長も務めて下さった。仕事や子育てだけでも大変なのに、当園や連合会の行事や会議も何一つ文句も言わずにテキパキとこなして下さった。また園の運営にもとても理解のある方で、私にとっては恩人のような方でもある。こうした何気ない会話からも、当園を気にかけお祝いまでしてくださることは本当に嬉しいことである。

祝創立70周年、ひと花咲かせるための企画をしっかり練りたいと思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
祝、開館

福山自動車時計博物館(FACM)から新館OPENのご案内が届いた。150年前の旧家を笠岡から現地に移築リノベーションしてのオープンである。

壊してしまえばそこで終わってしまう建築物、染み込んだ思いや歴史を守りつつ新たな命を吹き込むことは並大抵のことではない。

28日、29日は入館無料でその息吹を感じることができるようである。 見学に行かなくては…

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
さっぱり

境内にある大きな貝塚、数年ぶりに剪定してもらった。青々と茂った枝ぶりを見て、園児が「炎みたい」と言っていたことが思い出される。

剪定も無事終わりその姿を見てみると、とても「さっぱり」していた。植木屋さんに聞くと、針金製のハンガー3本とボールのおまけも出てきたとのことであった。

すっきりとした貝塚の大木、今後の枝の成長ぶりをしばし観察していきたいと思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
砂場

春は暖かく、園児の外遊びにもってこいの季節である。花や草木の芽吹きの観察、活動し始めた虫たちの発見、遊具遊びや砂遊びなどなど…

子どもは砂遊びがとても好きなようで、この度職員たちによって砂場の拡張整備が行われた。スコップやショベルをもって奮闘する職員を見ながら、それぞれが子どもだったらとイメージする… なる程、みんな砂遊びが得意そうである。

こうして砂場は広くなり、子ども達の喜ぶ声が増えるのは良いことである。こうした職員さんのひと汗に感謝している。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
花・花・花

例年より早い開花となったJissouji桜、今年も境内を淡いピンクに染めてくれた。桜が散っても、至るところで色とりどりの美しい花びらが開いている。

ハナズオウ、桜より小さな花びらではあるが、その鮮色は目と心を引きつける。

雪柳も純白の花たちが風で気持ちよさそうに揺れていた。

木蓮は大きな花が一斉に開いて、ダイナミックに咲いていた。

玄関前では妻が植えたフィオリーナが、可愛らしくお客さんを迎えていた。

春は芽吹きの季節、境内では沢山の花たちが今か今かと自分の出番を待っている。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>