<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

日本国
19日未明、『安全保障関連法』が参院で可決された…

今国会での安保法案可決に至るまでのプロセスでは、多くの国民が不安や違和感を覚えたことであろう。

・憲法学者をはじめ多数の有識者が違憲と示した法案を、なぜ推し進め
 たのか。
・法案に対しての説明が、なぜ国民に分かるような形で十分になされな
 かったのか。
・はなから‟成立ありき”の国内外での発言は正しかったのか。
・与党議員の個人の意思が反映されにくい挙党体制下で、数の原理を盾
 になぜ可決させなければならなかったのか。
・安保賛成議員の発言は、国民一人一人の安心・安全を本当に考えた上
 での責任ある発言だったのか。
・国会審議は与党の法案成立前提でのごり押しで進められていたが、こ
 のような審議の進め方でよかったのか。
・各地で多くの一般市民が参加した反対デモの主張・意見に、耳を傾け
 ようとしたのか。
・国会議事堂前のデモに対しての警備車両や人員配置等が、あれ程必要
 だったのか。過剰ではなかったのか。
・マスコミ各社の関連報道が情報統制されず、偏りなく国民に事実を伝
 える内容であったのか。 etc…

安保法案とは別に、

・今だ遅れている東日本大震災の復興も考え、オリンピック事業が進め
 られていくのか。また、国立競技場・ロゴマーク問題等、無駄な経費
 がこれ以上掛からないよう責任をもって進められていくのか。
・川内原発が再稼働したが、本当に安全性が確保されたのか。また、地
 元住民や国民の意見が汲み取られたうえでの再稼働だったのか。
 さらに、他の原発は再稼働されるのか。
・福島原発の放射性物質や汚染物質の処理は、その後どうなったのか。
 また放射能による汚染の実態は、国民に周知されているのか。
・沖縄の普天間基地移転問題が、沖縄市民の民意を酌みながら進められ
 ているのか。基地の移転は本当に必要なのか。
・マイナンバー制度は、国が個人を管理するために本当に必要な制度な
 のか。また、個人情報の安全性は確約されるのか。
・財政破綻した国も見受けられるが、巨額の負債を抱えた日本は大丈夫
 なのか。その情報は正しく公開されているのか。負債はどこまで増え
 続けるのか。 etc…

日本の行く末を考えたとき、子や孫に負の遺産を残さぬよう、正しき行
動を国民一人一人が今すぐ起こさなくてはならない。

| jissouji | 思想 | comments(0) | trackbacks(0) |
未来像
誰しも、自分の“未来像”は持たれていることと思う。近い未来、遠い未来。その時自分は、どんな境遇で何をしているのだろう… 考えるだけでもワクワクしそうだ。
未来に対しては、やはり目的・目標を設定し、たゆまなく努力を重ねていくことが必要であろう。それが大きなことであろうと、小さなことであろうと。
また、年代によって、未来像は大きく異なってくるとも思う。社会に出る前、社会に出てから、そして現役としての一線を退いてから… 
未来を考えた時、そこには現在の境遇があり、そして現在は過去から流れてきている。今までの自分を振り返れば、そこには過去に携わった人々、事物が必ず存在する。成功があれば失敗もあり、喜びがあれば悲しみもあり。出会いがあれば別れもある。プラスとマイナス、すべて表裏一体で経験してきているのだ。そして、その人々や事物との“出会い”は、近い過去、遠い過去からそれぞれ意味を持って来ていると考えられる。
『因果応報(いんがおうほう)』過去の行いが因となり、その報いとして現在の結果をもたらす… 仏教用語である。
自分の(親の、先祖の)過去をふりかえり、そして受け止め、自分の(子の、孫の)今後のために、善行と功徳を重ねれば、自ずと笑顔と自信は増し、未来からも感謝されることだろう。
| jissouji | 思想 | comments(1) | trackbacks(0) |
平和祈願法要
一心に読経し、供養を捧げ、世界平和を祈願いたしました。優しい雨と読経が、原爆供養塔を包んでいました。

日蓮宗の荒行を成満した者は“修法師(しゅほっし)”と呼ばれる。県内にも修法師会が組織されており、30数名の修法師が在籍している。昨日、その広島県修法師会が主催となり、平和祈願法要を広島市内K寺にて執り行った。広島市は原爆が投下された被爆地でもあり、一瞬にして多くの人命が奪われた、辛く悲しい歴史を持っている。被爆された方は全身に大きな火傷や怪我を負い、熱さと苦痛に耐えながら、渇きを癒す水を求められたと聞く。今般の法要では、総本山身延山の水を取り寄せ、法味を捧げ、渇きながら亡くなられた諸精霊に水を手向けるご供養を施し、修法師一同で世界平和を祈願する内容となった。本堂での法要が終わると、平和記念公園内の原爆供養塔に塔婆、法水、生花を持参し、皆で読経を捧げた…
原爆や戦火により奪われた多くの御霊が少しでも安らげるよう、二度と核兵器が使用されることがないよう、世界の人々が人種や宗教、それぞれの立場にとらわれることなく、平和の為に手と手が取り合える世の中になることを、願ってやまない。

広島ピースサイト http://www.pcf.city.hiroshima.jp/
| jissouji | 思想 | comments(1) | trackbacks(0) |
信行の集い
宗教者が担う役割も、大きいと感じています。

過日、信行講座にて、「お題目に生きた人々 土光敏夫」と題してお話をさせて頂いた。信行講座とは読んで字の如く、広島県東部の日蓮宗寺院が主催している“信行”の為の“講座”である。
土光敏夫さんは石川島播磨重工業、東芝といった会社を日本屈指の大企業に育て上げ、経団連会長や臨調会会長にて日本経済の舵取り役を担った有名な財界人である。また自らは質素な生活を心がけ、法華信仰を拠りどころとし、母親が創立した「橘学苑」に収入のほとんどを寄付するという、まさに“佛を絵に描いたような”人でもあった。吾宗でも、法華信仰と共に歩まれた人物として、信行書等にも数多く取り上げられている。今回その生き様を調べていくうちに、多くの感銘を受けた。どれだけ大きな会社の長であっても、私利私欲を肥やすことなく、自らが範を示し、社員の1人1人を大切に育て、そして個人に止まらず国全体のことをよくしようと尽力したのである。ことに当時、混沌としていた日本経済の立て直しのために「増税なき改革」路線を打ち出し、反対勢力からは大きな抵抗を受けながらも、信念を貫こうと命がけで取り組んだその姿に、宗祖の“死身弘法”の布教姿勢が重なってしまう。
正しきことを行うには、悪しき力に負けない“強い心”が必要である。政治、経済、宗教、教育、医療、文化等々… どの道でも正しく強い心が必要となる。そんな心を持った人を、今の世は待ち望んでているのではなかろうか…
| jissouji | 思想 | comments(0) | trackbacks(0) |
時の流れ
石垣の傍で、色鮮やかなピンク花を咲かせているサルスベリ。

先日、同窓生が当寺を訪ねてくれた。久々の再会となり、近況報告からあれやこれやとすっかり話し込んでしまう。お互い小さい頃を知っているゆえ、現在の立場に「頑張っているな〜」という気持ちがこみ上げる。年月というものは、早くも遅くも確実に流れているものだ…
僧侶をしていると、有り難いことに様々な年齢層の方とお話をする機会がある。ある70代の方が話されていたが、「年月の流れ方が、年々早くなってきている。」と。確かに、同じような事を言われる方はとても多いように思える。事実、自分でさえ、1年という年月が次第に早く流れていくことを実感している。10代、20代何となく過ぎたような時間が、40代を前にして次第に加速しているのだ。『光陰矢の如し』古から“時の流れは早い”という観念が見うけられる。平均寿命が延びたとはいえ、充実した人生を過ごすためには色々と工夫も必要そうだ。
寿命は人それぞれ異になるもので、いつまで続くか計り知れない。ただ、“今”を精一杯輝こうとすることで、寿命に関係なく充実感は増すはずである。自分に与えられた宿命を予見することで、さらに人生は楽しくなるのではなかろうか。自分も、そんなことを考える年齢になったのだろうか…
| jissouji | 思想 | comments(0) | trackbacks(0) |