<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< お布施とは | main | 夏はすぐそこに >>
憩いの山
1人1人の協力があって、自然は守られているのですね。

雨上がりの蔵王山にはマイナスイオンが満ち溢れ、山頂付近では薄霧も漂い、息をするごとに気管が元気になるようであった。今回の下刈り作業はそんな梅雨時の山中で行われた。各学区から集まった数十名の有志が、カマや草刈機を手に、植樹された桜の木の周りの雑草を丁寧に刈っていく。雨上がりということもあり、桜の葉についた水滴がいっぺんに落ちてくるハプニングもあり、いたるところで奇声があがっていた。雑草に混じってワラビもあちこち生えており、「子どもの頃によく山菜を採っていたな〜」と懐かしく思う。「今度来ることがあったら、ワラビも採ろう…」と内心思った。山道では多くの人とすれ違い、健康の為にウォーキングをする人も意外に多いと感じた。約1時間の作業も無事終わり、湿度も影響してか多くの汗を流すことが出来た。
“松茸は、手入れされない山では生えにくい”と聞いたことがある。桜も同じで、手入れされない山中では成長が遅いのかも知れない。今回、報道関係者も取材に来られていたが、こうした人々の奉仕で山は守られ、植樹した木々が成長している事を、もっと多くの人が知ってもよいと思った。
| jissouji | 自治会 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: トラックバック機能は終了しました。