<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 兄弟 | main | 最後の参観日 >>
七面堂〈床板の章〉
先月中旬より、堂内の床板はりも進んでいます。

重厚な床板が敷かれていきます。大工さんにより、一枚一枚精確に固定されていきます。
この板材は、ご縁があってOさんからご寄進頂いたもので、厚さが5僂呂△蹐Δという地物の松の乾燥材です。大工さんに製材してもらい、一枚一枚個性のにじむ板を敷きつめていきます。

白壁を抜いて、窓枠をこしらえます。ここに火燈窓が設置されます。
この間、壁を抜いて窓枠をつくります。本堂と七面堂の間には、4つの火燈窓が設置されます。

最近、これだけの板間を見ることは珍しいようです。廊下にも敷きつめられていきます。
堂内には全面に床板が敷きつめられました。木の香りが心を落ちつかせます。
さらに、本堂との間の廊下にも敷きつめられていきます。

今まではジュウタンが敷かれていました。板になると、雰囲気ががらりと変わりました。
内陣にも床板を敷きつめます。木の温かみが増してきます。
正面の窓も火燈窓になる予定です。
今後も、大工さんによる内装工事は進んでいきます。
| jissouji | 平成大改修 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.jissouji.jp/trackback/1334586