<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 父から子へ | main | 子供への愛情 >>
先代の知恵
昨日は庄原で開催された「中国5県バイオマスエネルギーフォーラム」を聴講しに行った。
“バイオマス”とはあまり馴染みのない言葉であるが、「生物を利用して有用物質やエネルギーを得ること」を意味する。

たまたま昼食に立ち寄ったお店が、250年以上昔に建てられた造り酒屋の蔵を改築したもので、木と土の温もりを感じる趣のある建物であった。
ここでは、もともと有ったものを再利用する工夫が凝らされている。

實相寺の堂宇は350年以上昔の建造物であるが、現在も変わることなくその形をとどめている。百年以上の周期で修繕、改築等を行ってはいるが、使えるものは再利用し、無駄な資源を極力使用しない職人の“知恵と技”が活きた工法がとられている。

建築においては、老朽化した建物を壊して新しいものを作る方がコストも手間もかからないようであるが、資源を有効に活かすという意味合いでは何やら無駄が多いような気がする。
もっと再利用できる方法を考えなくてはならないのではなかろうか?

時代の流れで、今は欲しい物が手に入らないことは無いご時勢である。
そんな世の中、悲しいことに“物の有り難さ”に気づきにくくなっている。

太い柱や梁を見ながら耳を澄ますと、何百年を生き抜いてきた木の精霊が「有難う、これからも宜しく。」と囁いているような気がした。


| jissouji | 歴史文化 | comments(13) | trackbacks(1) |
- (2007/04/28 4:24 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/05/03 4:31 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/07/03 12:52 AM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/07/17 4:49 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/07/19 9:46 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/08/03 5:35 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/08/08 8:07 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/08/14 9:03 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/08/16 7:19 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/08/17 4:34 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/08/31 7:28 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/09/13 5:50 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/09/13 7:14 PM)
管理者の承認待ちコメントです。









url: http://blog.jissouji.jp/trackback/157276
イベント 3/21第1回出資説明会- 小川町のNPO ふうど、生ごみ資源化事業について出資者の募集を開始 -
-----イベント案内より----- " 『生ごみ資源化事業』、そして出資につい
| しなやかな技術研究会 | 2006/03/15 9:36 AM |