<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 採れたての野菜 | main | 平成22年度 浄心水行 その壱 >>
フランスの香り
色んなお国の方が来られると、楽しいものです。

とある日の夕刻、FACMのM主任学芸員さんから電話を頂いた。「これから實相寺さんに、外国の方を連れて行こうと思うのですが…」と。ちょうど法務で外出中だったこともあり、時間を指定して来て頂くことに。法務が終わって帰山すると、庫裡からピアノの音色が… 玄関を開けて入ると、Mさんと小柄な美しい女性、そして鼻の高いハンサムな外人が先に到着していた。Mさんが、妹夫婦ですと紹介してくれた。妹さんはピアノの勉強をしにフランスに出向していたようで、そのとき彼と知り合い、めでたく結婚されたようである。義弟がフランス人とは、まさに“トレビアン”である。当寺では、外国人のご来寺を多数頂いているが、フランス人の来客は始めてとなり嬉しい限りである。ひとしきり境内をご案内し、日本の仏教文化をその肌で感じて頂いた。途中、妹さんがご主人にフレンチで説明している姿を見ながら、仲の良さを感じる事が出来た。この度、当寺での見学をとても喜んで頂いたようで、日本語で「ありがとうございました。」とおじぎをし、お礼を言って下さった。日本の礼儀を心得ているようである。どこの国からであろうが、ご縁があれば当寺をご覧頂き、日本の文化や仏教の一辺に触れて頂きたいと思う。これこそ国際交流の原点とも言えよう。今後、フランスに行くことがあれば、自国をご案内して頂けるのではないだろうか… 楽しみである。
| jissouji | 友人知人 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: トラックバック機能は終了しました。