<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 特別教室 | main | 平成23年度 卒園式 >>
大学生
子ども達が、もぶれついていました。

当寺の檀家には、某有名大学に進学した若者達がいる。その中の1人F君が、息子の勉強をみにお寺を訪ねてくれた。F君の祖母は信仰熱心な方で、若い頃から苦労を重ねながらもお孫さんの幸せを願い、一生懸命神仏に手を合わせてこられた。その姿を見ていたF君も、幼少のころから自然に手を合わせ、よくお経をあげる子であった。そんな彼も大学に進学してこの春4年生、何とも年月の経過は早いものである。久々に見るその姿からは、充実した大学生活を送っている様子がうかがえた。本堂にて手を合わせ、しばし雑談… 成長が嬉しく感じられた。せっかく来てくれたので、保育園の様子も見てもらおうと年長児クラスに案内した。元気一杯でもぶれつく子ども達にも、笑顔で対応してくれていた。その後、息子ともあれこれ話をしながら、数時間にわたり勉強をみてくれた。途中、息子が私のところにこっそり顔を出して、「解りやすくて、すごくいい!」と報告しに来たのが面白かった。

知識を深めるために勉強することは大切なことだと思う。だが、勉強に偏りすぎては大切なことを見落としてしまうこともある。1度に多くの事を修めるのは難しいが、若く柔軟なうちは、色んなことを体験し、時には成功、時には挫折を味わい、同時に“豊かな心”を形成してもらいたい。F君の今後を心から楽しみにしている。

息子もいつになく、楽しそうに勉強していました。
| jissouji | 友人知人 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: トラックバック機能は終了しました。