<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 平成30年始動 | main | 第13回『浄心水行』 其の二 >>
第13回『浄心水行』 其の一

平成29年を締めくくるべく『浄心水行』の準備も万端に夕刻を迎えた。大晦日の天気予報は雨であったが、仏天のご加護か、空は澄み渡り月光がまばゆく輝いていた。

午後7時半、本堂にて1年の締めくくりの読経をさせて頂く。

水盤にご祈祷を修し、この後行われる『浄心水行』の安全をお祈りした。

集合時間が近づき参加者が集まり始めた。まず目にするのは『誓約書』である。

自己責任にての参加を誓約し、ここで気持ちが引き締まるようである。

そしていよいよ一座目の始まりを迎える。一座目の内、4名が在園児・卒園児であった。園長としては、嬉しい限りである。

幼少と言ってもどの子も回数を重ねての参加となり、水をかぶる姿は実に堂々としている。

水行が終わって戻っていく際も、合掌をして清々しい表情であった。

「第一座 幼年・少年の部」 ※参加回数 ( )内は年齢

6回目・平田蒼佑(10)、三田真之祐(11)、川想太(11)

5回目・藤原有真(10) 

4回目・廣瀬瑛士(10)、宮宗大輔(10)

2回目・川白翔(6)、寺本翔栄(7)

 

続いて青年と一般です。受験を控えた中・高生も頑張って参加してくれました。その気持ちが‟合格”を導いてくれると感じます。

こちらも回数を重ねたベテラン組になります。息を合わせて被ることが自然にできています。

もちろん、お題目をお唱えしながら合掌にて引き上げていきます。

「第二座 青年・一般の部」 ※参加回数 ( )内は年齢

11回目塚村颯実(18)

10回目・山本峻大(18)、渡邉貫太(20)

8回目・野靂井董13)、沖田汰久弥(15)

7回目・神崎聖(52)

4回目寺山芯平(11)

3回目本周作(22)

其の二へ続く…

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.jissouji.jp/trackback/1616117