<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 滝行 | main | 新年会 H31 >>
とんど H31

毎年恒例となっている『とんど』、子ども達と書初めや正月飾りをお焚きあげした。

寒さの中、点火した火は次第に大きくなり、書初めも大きな炎に包まれて天に昇っていった。炎の温かさに子ども達は興奮しながら大喜びである。

「冬は上から、夏は下から。」火をつけるときのコツである。学生時代随身していたお寺の老御前様が、落ち葉や枯草を焼く時に教えてくれたお言葉である。今でこそ、消防署に届出をしないと火を使う行事は行えないが、こうして火を見るたびに思い出す言葉がある。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.jissouji.jp/trackback/1616209