<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 五月人形 | main | 令和元年五月朔日 >>
ありがとう『平成』

あと数時間で『平成』が終わり『令和』が始まる。

『平成』を顧みた時、多くの想い出がそこにはある…

實相寺とご縁を頂いたのが平成4年、荒れ果てた当寺に師父と二人で住み込んで生活した記憶が懐かしい。荒行や声明、霊断の修行を重ね、妻との結婚、子宝で父となり、足掛け10年の平成大改修事業では福山城外堀移築保存、境内寺観一新で総代檀家との絆が強まり、修養、講演、ホームステイ等ではおもてなしの心を学び、保育園では園児や保護者、職員との関わり方や経営を学び、70周年記念大会も無事に終え、新住職として法燈継承・落慶式を行い、母を送り、息子の僧侶資格取得、就職と子育ても無事に終わった。

『令和』からは妻と二人で残りの人生をしっかり考えながら行動したい。自分達に出来ること、人を育てること、大切なものを守り伝えること…「光陰矢の如し」次代へしっかり伝えていけるような『令和』にしたいものである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.jissouji.jp/trackback/1616230