<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 祝・開院 | main | 大きな貝塚の木の下で >>
鯉の産卵 令和元年

6月は鯉の産卵の季節である。今月上旬、令和初となる産卵の営みが当寺でも繰り広げられた。

卵は他の鯉が食べてしまうため妻が一部をガードしている。その卵から小さな稚魚が孵っていた。卵の数は数えきれないほど多いのに、そこから孵って大きく成長できるのはほんの一握りである。鯉の世界も色々と厳しいようではあるが、今回の第三世代の成長を見守りたいと思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://blog.jissouji.jp/trackback/1616240