<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 本堂にて | main | チャンス >>
精進
近頃、写真を撮ると被写体とは関係のない物がよく映る。
光線の加減か霊的な物体かよく分からないが、何かを伝える為に写っているような気がしてならない。皆さんもこんな経験が、あるのではなかろうか。

法華経の中に「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」が説かれている。
「六根」とは人間の知覚を構成する六つの感覚器官で、
視覚をつかさどる“眼”
聴覚をつかさどる“耳”
嗅覚をつかさどる“鼻”
味覚をつかさどる“舌”
触覚をつかさどる“身”
認識し思考する“意”(心)である。
それぞれの感覚器官の煩悩を払い清めることを「六根清浄」という。

この六根を清める手だてとして、読経や水行等の修行法があげられる。
毎朝の読経は勿論のことではあるが、日常生活においては欲を離れ、神経を研ぎ澄ますことで“心眼”を開けるよう、日々精進である。
| jissouji | 法華経 | comments(4) | trackbacks(6) |
- (2007/05/03 7:26 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/06/27 4:17 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/09/11 5:27 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2007/09/11 5:46 PM)
管理者の承認待ちコメントです。









url: http://blog.jissouji.jp/trackback/220515
雨にも負けず 意外などっこいしょの話
月齢 2.3日  ■六根清浄とどっこいしょ■  私、方城渉の「趣味の修行」のベースは 修験道(山伏)の山岳修行だ(あくまでも趣味の話です)。  修験道(山伏)の山岳修行とは けわしい山岳を一心に歩いたり滝にあたったり野草で命をつないだりして 心身
| 宮沢賢治の風 | 2006/04/30 11:04 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/09 4:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/10 8:44 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/11 6:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/16 4:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/17 8:39 PM |