<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 越後湯沢から、ボンバス到着 | main | 歴代上人の足跡を訪ねて part.2 >>
蔵王山
桜の苗木も、世話をしないと育たないようです。小さな力持ち…よく頑張りました。

先週の土曜日、蔵王山に植樹された桜の木の周辺の、草刈り作業を手伝いに出かけてきた。毎年数回行われており、蔵王山に隣接する各学区の自治会から、いつも大勢の方が手伝いに出られている。今回は、夏休み中の息子を誘って出かけた。学区の集合場所に集まり、車を乗り合わせて登山する。車を山頂の公園に駐車し、軍手と鎌が貸し出されると全体説明が行われ、各持ち場へ移動。早朝とはいえ、中々の暑さである。まして、雑草や雑木が生えた斜面地の草刈り作業は、思ったよりも体力がいる。鎌で刈る人、草刈機で刈る人、みなさん沢山の汗を流しておられた。息子も額に汗し、しっかり手伝っていた。そんな息子を見て、多くの方が声をかけてくださった。彼にとっても、良い経験になった筈である。
蔵王山に限らず、公共の憩いの場には少なからず植樹がされていると思う。植物を世話する事は決して簡単ではないが、逆に世話をする事で愛着も湧いてくる。こうして愛情を受けて育った木々は、我々に“安らぎ”を与えてくれることであろう。
| jissouji | 自治会 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: トラックバック機能は終了しました。