<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

<< 植樹 | main | 100日間の別れ >>
色とりどりの花
子ども達はみんな、いい表情をしています。元気で綺麗な作品の出来上がりです。

先日、保育園の「お花教室」を見学した。今回は色鮮やかなガーベラと紫色の可愛いヒメヒゴダイ、赤い小さな実のヒペリカム、緑が美しいハランを使っての創作であった。ガーベラは赤、黄、白、ピンク、オレンジと色とりどりで、まるで元気のいい子ども達が花になったらこんな雰囲気であろう。ハランの葉を丸めガーベラと一緒に挿し、ヒメゴダイやヒペリカムをそっと添える。可愛らしい作品の出来上がりである。
いつも思うが、子ども達はみんな真剣に、そして楽しみながらお花と触れ合っている。純粋な子ども達の目には、お花がどのように映っているのだろう…
何事もそうだが、初めて見たモノ、触れたモノ、体験した事の感動を忘れないで欲しい。成長と共に多くのことを学ぶと、最初は感動していた事でも当たり前の感覚になってしまう。仕方ないことかも知れないが、“感動”こそ“心の潤い”であることも憶えておいてほしい。感動の涙、感動の叫びが心の曇りを晴らしてくれた記憶を持つ人は、きっと少なくないはずである…
| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: トラックバック機能は終了しました。