<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

これからの形

今年度は新型コロナウイルスの影響で、会議や研修会の形も大きく変わってしまった。コロナ以前だと想像もしなかったが、オンラインでのやりとりが今や標準化してきている。先日の職員会議では、皆がZOOMを使えるように操作方法の確認をおこなった。

職員にとって研修会は様々なことを学ぶ大切な機会である。中止や延期が続いていたが、今後こうしたオンラインでの研修会等にも参加して、大いに知識を深めてもらいたい。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
きのこの王様

先日、総代が「これをどうぞ」と、新聞紙にくるまれたあるものをお持ちくださった。開いてみると、何と‟きのこの王様”が姿を現したではないか。毎年、この時季になると差し入れして下さる。感謝感謝である。

今年は比較的収穫があったと聞くが、ひと昔前から考えると今や松茸は超高級品である。それだけ手に入りにくくなったということである。   こうした自然界からの恩恵を与るからには、我々も自然界にも何かしらの‟恩返し”をしなくてはならない。そういう時代が来ていることをつくづく感じる。

| jissouji | 時事 | comments(0) | - |
久々の活躍

先日、枯木を切るのに久々にチェーンソーを使った。

物置から取り出して現状を確認、見た目はきれいだが動くだろうか…  確実に10年以上は使用していない。替刃、燃料、オイルを調達し準備完了。いざ始動ポンプを押してみると、なんとポンプが劣化でパリパリに割れてしまったではないか。急いでホームセンターにパーツを買いに行き無事調達。再度準備を整え、いざスターターノブを引っ張ると… 何度やってもエンジンはかからない。

何回も何回も同じ動作を続け、右腕が重たくなって挫けそうになったその瞬間、ブォーンと勢いよくエンジンが吹きあがってくれた。

こうして無事枯木を切ることは出来たが、刃の向きを逆につけていて開始早々やり直したことは黙っておこう…

| jissouji | 時事 | comments(0) | - |
見て楽しむ

当園では月に一度、年長・年長児クラスで『クッキング教室』を開催している。今年は新型コロナの影響もあり、皆で調理することが難しいので、栄養士も子ども達が楽しめるように色々と知恵をしぼってくれている。

先日の『芋掘り』で掘ってきたさつま芋を材料に、スイートポテトと芋ケンピを家庭でも親子で作れるよう、手作りレシピを見ながら実演してくれた。実演といっても、各工程ごとに前もって調理されたものを準備し、子ども達に分かりやすく飽きないようとても工夫されていた。見終わった後はもちろん、待ちに待った試食タイム!給食室で調理されたスイートポテト、芋ケンピ、おまけのポップコーンまで笑顔でほおばっていた。

新型コロナの影響で配慮しなくてはならないことがとても増えたが、出来ることを出来る時に体験させてあげたいと思う。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | - |
ご縁日

毎月19日は『七面大明神』のご縁日に当たる。ちょうど今日がその日である。

お寺では様々な神様が勧請され守護神としてお祀りされているが、当寺では『七面大明神』を始め『大黒天』『毘沙門天』『最上位経王大菩薩』『北辰妙見大菩薩』等の守護神を勧請している。それぞれ‟ご縁日”が決まっており、その日には特別なお経をお上げしている。

皆さんは「時として、目に見えないものから守られている…」と、感じたことはないだろうか。有難いことに、私自身もそうした経験を数多くさせて頂いているが、やはり仏神を信じ、感謝や祈りを捧げ、精進を続けることで‟守り”を頂いているように感じる。

仏神を信じ、心身を磨き、善悪をわきまえる心を養う… 信仰は大切なことを教えてくれている。

| jissouji | 實相寺 | comments(0) | - |
<new | top | old>