<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

親子で礼

先日、『武道参観』を開催した。4・5歳児は月に3回『武道教室』で修練を積んでいるが、この度は親御さんにも少しだけ体験して頂いた。

武道の基本は始まる前から、遊戯室と廊下の雑巾がけを終わらせてから正座・瞑想…

柔軟・基礎体力では親子で体をほぐしながら爽やかな汗をかいて頂きました。何気ないことのようですが、こうして親子で触れ合う機会はとても大切です。

その後、何度も練習してきた「演武」を見て頂き、最後は保護者に対して感謝の気持ちを伝えました。親子で向かい合って正座し「いつも、いつも、ありがとうございます。」との言葉に、目頭を熱くする親御さんもおられました。

講師の森藤先生は「自分は武道の技を教えるつもりなど毛頭なく、子ども達が身につけなくてはならない当たり前のことを教えているだけです。」と話されていた。自分の事は自分で、話を聞く時は相手の目を見て、大きな声で挨拶を、してもらったことには感謝の気持ちを、等々… 当園の子ども達の成長が楽しみである。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋の香り

先日、総代さんから秋の味覚‟松茸”を頂いた。自山で採ってこられたらしく、鮮度も香りも最高であった。

今年は例年に比べて収穫が少ないようである。松茸は山の中で自生するが、ある程度人が山に入って手入れをしないと育たないと聞いたことがある。生活様式も変わり山村部では人口も減少し、山で落ち葉や薪を拾うようなことも無くなってきているからであろうか。

「昔は裏山でバケツ一杯ゴロゴロ採れていた。」「松茸なんかしょっちゅう食べていた。」にわかに信じがたい話だが、そんな時代もあったようである。

今ある全ての食べ物…これから先のことも考えながら、しっかり噛みしめて頂きたいものである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
尾道へ

先日、社会見学で年長児を引率して尾道へ出かけてきた。朝夕随分涼しくなったが日中は暖かく、尾道散策には絶好の天気となった。

当園からタクシーで福山駅へ、その後は電車で尾道へ。尾道に到着すると今度は渡船体験、その後は海辺を歩いてロープウェイ乗り場へ。

初めてロープウェイに乗る子も多く、しばしの空中散歩に大興奮の様子であった。

山頂では展望台に上って尾道水道を見渡し、猿ハウスで猿を見学して、待ちに待ったお弁当。お弁当を食べ終わると歩いて下山し尾道駅へ。頑張って歩いた子ども達は、ご褒美のプリンをゲットすることができた。   その後再び電車で福山駅へ移動し、タクシーで保育園に無事帰着…

子ども達とたわいのない話をしながら歩いたり、お弁当を食べたり、一緒に鬼ごっこをしたり、毎年の行事ではあるがその年々で顔ぶれの違うメンバーと楽しいひと時を過ごすことができて、何だか幸せな気持ちになれる。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
第71回運動会

10月最後の土曜日、子ども達が待ちに待った『運動会』が開催された。例年だともう少し早い時期の開催だが、ここ数年、秋になってもなかなか暑さが和らがないので、思い切って10月下旬の開催に変更してみた。

暑くもなく寒くもなく絶好の運動会日和、保護者の応援もあり今までで一番の盛り上がりであった。

個人競技や親子競技、クラス別の演目もあり、感動溢れる内容となった。

園児の頑張りはもちろん、準備や指導をしてきた職員、応援をしてくれる家族の力が大きな感動を生み出している。

本番までの目に見えない部分の頑張りにも大きな拍手を送りたいと思う。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
インフルエンザ予防接種

秋から冬に変わるこの時節、次第に寒さは増し空気も乾燥してくる。毎年のことではあるが、ちょうどこれからの季節に流行ってくるのがインフルエンザがある。

インフルエンザには早めの予防接種が有効である。先週、当園でも全職員予防接種を受けることができた。嘱託医の先生が子ども達の内科健診に来てくださるので、それに併せて予防接種を受けさせていただいた。

保育業務の中で感染症予防は職員にとっても非常に大切な事柄である。我身を守りながら安定した保育を行う為に「備えあれば、憂いなし!」…こうした配慮が保育現場には必要だと感じている。

 

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>