<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

水野勝成公所縁の地を訪ねる

先日、水野勝成公報恩会の御一行が当寺に来られた。この日は、水野家と所縁のある寺社仏閣を巡る催しがあったようである。当寺では、水野家下屋敷を改築した庫裡や本堂、家老職上田勘解由直定公の墓所等を見学して回られた。

5年後に築城400年を迎える福山城、藩主であった勝成公や勝俊公を始め、殿様にお仕えした奥方や家臣、多くの人々… その時代時代に残された足跡を訪ねることは、その人達を理解するのみならず、純粋に供養が捧げられていると私は感じる。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
走れば体はポカポカ

昨日は一段と冷え込み、朝の気温は2.5℃であった。大人も子どもも、さすがに寒いと感じたであろう。

「寒い時には体を動かせば温まる!」という訳で、子ども達にグランドでランニングするよう各クラスに指示をだした。大きな貝塚の木の周りを3周以上、賑やかに、楽しそうに、元気いっぱいに走っていた。時間にして数分のことではあるが、何を使わなくても身も心も温まるものである。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
毎月の楽しみ

当園では毎月『誕生日会』を開催して当月の誕生児をお祝いし、職員が出し物(余興)をして皆で楽しんでいる。1年で12人が誕生日会の担当にあたり、それぞれが考えた出し物をするので、子どものみならず他の職員たちも楽しみながら学べる機会となる。

担当に当たった保育士は、何をするか色々と考えなくてはならないし、実際に行う時は見た目と違って緊張も感じていると思う。ただ、こうして人前で何かを行い、見る者を楽しませようとすることは、自分自身の成長にもつながるし達成感もあると思う。

年齢、経験、人柄、アイデア、向上心等々… 個々に違う様々な要素が見て取れる誕生日会は私の楽しみでもある。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
紅葉のすぐ傍で

桜の紅葉が美しく、目で秋を楽しんでいるとすぐそばに鮮やかな紫が…

「紫式部」、この時季に紫色の実をつける植物である。見るも鮮やか、自然界はこんな美しい色を作り出すのである。

人生80年時代、それぞれの年代ごとに味のある色で生き方を染めたいものである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
散るも美し

冬を前に、街中でも紅葉を目にする季節となってきた。当山の桜も、赤や黄色の色鮮やかな葉が参道を秋色に染めている。

1年で1サイクルを終える桜。若葉が芽吹き、次第に葉を大きく濃く染め、花を咲かせ、実をつけ、最後に鮮やかな紅葉に色づき、そして葉を落とす… 人の一生にも例えられるような気がするが、ただ違うのは『散るも美し』ということ。

我々も死して終わりではなく死して尚、人々に感動を与えられるような生き方をしたいものである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>