<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ホーム 浄心日記 法鏡山實相寺縁起 境内のご案内 [参道] [本堂 位牌堂 七面堂] [庫裡 客殿] 福山城東外堀石垣移築 福山家老職墓所 フォトアルバム 年間行事 随時受付 水子供養 墓地のご案内 交通のご案内 リンク

ブルガリア舞踊団 ホームステイ in 實相寺

LINKS
PROFILE

子ども達に必要なこと

5月に入り、当園では『特別教室』が始まっています。『武道教室』では年中・年長児が道着を身に着け、心身の修練に励んでいます。開始前に子ども達は雑巾を持ち、遊戯室内外を水拭きすることから始めています。こうしたことから感謝の念が培われていきます。

外遊びの機会も減り、体力の低下が懸念されている現代っ子。ストレッチから筋力運動へ、先ずは基礎体力を養っていきます。

武道の基本ともいえる「礼儀作法」も丁寧に教えて頂きます。礼の作法は実際に居合刀を手に、動きを分解して説明してもらいました。刀を置く位置、鞘や刀身の向き、左右の手の使い方、頭の下げ方等々… 瞬時にして生死が分かれる武士道においては、礼こそが自身を守る大切な護身法でもあると教えて頂きました。

これから先、空手の基本剛法も学んでいきますが、技を習得するための特別教室ではなく、成長していく子ども達にとって本当に必要な「当たり前のこと」が学べる『武道教室』は、とても大切な時間だと感じています。講師の森藤明先生、今年度も宜しくお願い致します。

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
親子遠足 2017

当園では毎年5月に親子遠足を行っている。この度の行先は福山市立動物園であった。当日は明け方まで雨が降り、当初予定していた運動公園から急遽行き先を変更しての遠足となった。バスで移動して約1時間の見学、その後帰園してお弁当を皆で食べた。子ども達はバスに乗れ、たくさんの動物が見れてとても満足。保護者の方もさほど体力を消耗せずに子ども達と楽しい時間を過ごして頂けたようである。

参加する方に楽しんで頂けるように企画実行するのが担当職員である。この度は雨天での急な行先変更、それに伴う準備・段取り、時間調整や全体の確認・声かけ等々… 大なり小なり担当行事をこなしていく職員を見ていると、実務的にも人間的にも本当に成長していると感じる。

お疲れさま、よく頑張っていましたよ!

| jissouji | 保育園 | comments(0) | trackbacks(0) |
ギンヤンマ

今年も当山のビオトープでは自然界の営みが活発に行われているようである。先日「今年もヤゴがたくさん羽化してるよ!しかも大きいのが!」と妻が驚くように教えてくれた。実際に見に行くと、ヒメオモダカの葉の裏に大きなヤゴの抜け殻がたくさんついていた。今年はギンヤンマが大量に羽化しているようである。そう言えば、池の近くに大きなギンヤンマが飛んでいて「こんな大きなトンボがまだいるんだ」と思ったことがある。

昆虫が育つ環境が次第に減ってきているように思えるが、こうして少しでも育ちやすい環境を提供でき実際にその営みが見れることは、何だか嬉しいことである。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
写真展 2017.5

先日、筆頭総代が従弟ご夫妻を当寺に連れてこられた。神辺美術協会写真部の写真展に、『浄心水行』の写真が展示されていると教えて下さった。開催期間が残り2日ということもあり、翌日妻と見学しに伺った。

重政隆人さんの作品で、『浄心水行』三部作であった。私と幼年の子ども達が寒水をかぶる写真と少女達が行列する姿を写したものであった。どの写真もその場の雰囲気がよく伝わってくる作品であった。今回の写真は二科展に入選したらしく、全国でも展示されるとのことであった。以前、掛谷春夫さんの作品も二科展に入選したとのことで当寺にわざわざお持ちくださったが(第12回『浄心水行』番外編)、重政さんにもお会い出来ることを楽しみにしたいと思う。

| jissouji | 時事 | comments(0) | trackbacks(0) |
山上からの眺め

天気のいい日、ことに空気の澄んでいる日は外に出たくなるものである。

当寺の近くにはトレッキングを楽しめる蔵王山がある。迷わず準備を進め、いざ出発! 15:30以降ということもあり辺りに人影はなく、存分に陽射しと空気と眺めを満喫することが出来た。山上から市街地を見下ろすと、何とも言えない爽快感を感じる。浜辺で海を眺めるのも似たような感覚と言えよう。こうして心を癒す場所があることは本当にありがたい。

水と空気と土壌、守っていく為にも我々一人一人の意識が大切である。

| jissouji | 風情 | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>